こちらも読みたい>>松野官房長官に記者「自ら辞任すべきでは」⇒何と答えた?「裏金1千万円超か」と報道

立憲民主党の蓮舫氏は12月8日の参院予算委員会で、松野博一官房長官が自身の所属する自民党最大派閥の「清和政策研究会」(安倍派)から直近5年間で1000万円を超える裏金のキックバックを受け、政治資金収支報告書に記載していない疑いがあるとされる問題を追及した。

蓮舫氏は「キックバック、受け取ったか」と単刀直入に質問。松野官房長官は「清和政策研究会がこれから事実関係を精査するとコメントしていると承知しており、適切に対応するものと認識している。派閥において事実確認がなされている最中であり、報道によれば派閥の政治資金の取り扱いについては刑事告発がなされ、それに関連して捜査が行わているものと承知しており、そうしたことを踏まえ、私の政治団体についても精査して適切に対応していく」と答えた。

蓮舫氏は続けて「いや、派閥の会計処理を聞いているのではない。(キックバックを)受けたか」と問いただしたが、松野官房長官は「派閥において事実確認がなされている最中であり、報道によれば派閥の政治資金の取り扱いについては刑事告発がなされ、それに関連して捜査が行わているものと承知している。そうしたことを踏まえ、私の政治団体についても精査して適切に対応していく」と繰り返した。

松野官房長官の国会答弁について、SNS上では「壊れたテープレコーダー」「壊れた官房長官」などと批判の声が相次いだ。

また、松野官房長官は8日午前の記者会見で「引き続き、緊張感を持って与えられた職責を果たしていきたい」と述べ、辞任を否定した。