ユニバーサルミュージックは6月13日、Mrs. GREEN APPLEの新曲 「コロンブス」のミュージックビデオ(MV)を公開停止にすると発表した。

このMVには、Mrs. GREEN APPLEのメンバーがコロンブス、ナポレオン、ベートーヴェンに扮し、猿のように描かれた人々にピアノや馬の乗り方を教えたり、人力車を引かせたり、敬礼させたりするシーンが含まれていた。

12日に公開された後、ソーシャルメディアには「植民地主義や奴隷制を肯定している」などの批判が投稿されていた。

【関連記事】Mrs. GREEN APPLE「コロンブス」のMVが物議。「コロンブス」は一体何をした人物なのか、知っておきたい歴史と評価の変遷

ユニバーサルミュージックは13日付のプレスリリースで、「本映像はMrs. GREEN APPLEの所属レーベルであるEMI Recordsと所属事務所Project-MGA で制作いたしましたが、 歴史や文化的な背景への理解に欠ける表現が含まれていたため、公開を停止することといたしました」と説明。

「当社における公開前の確認が不十分であり、皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪している。