野口聡一さん

【こちらも読みたい】これが、宇宙から見たスエズ運河だ。宇宙飛行士・野口聡一さんが投稿した写真が分かりやすい【画像】

宇宙飛行士の野口聡一さんは6月20日、日本テレビ系で放送された番組「10人の天才」にゲスト出演し、“ある俳優”を「日本初の女性総理大臣になるべき」と称賛した。

「10人の天才」は、ゲストが10人の天才を選び、様々な時代のカルチャーについて語り合う番組だ。

野口さんは、米企業家のイーロン・マスク氏や大リーグの大谷翔平選手、作家の村上春樹さんらとともに、ある俳優の名前をあげた。

その俳優とは、芦田愛菜さんだ。

野口さんは「彼女は日本初の女性総理になるべきだと思う」と絶賛した。

続けて「25歳になったら国会議員になれる」「だいたい総理大臣って70歳ぐらいじゃないですか。26歳で愛菜ちゃんを総理大臣にすればいいんですよ!」と熱弁し、「そうしたら100%日本の国は変わる」と語った。

野口さんは現在の日本について「なにかというと男尊女卑で、ジェンダーバランスが崩れていて、多様性が全然ダメな国だって言われてる」とし、「愛菜ちゃんが総理大臣になったら変わる」と述べた。