大型ハリケーン「イアン」で、洪水など多大な被害を被ったアメリカ・フロリダ州で9月29日、取材中のレポーターが浸水した車から女性を救出した。 

地元テレビ局WESH2のトニー・アトキンスさんは取材中、水に浸かって動けなくなった車の中で、女性が助けを求めていることに気がついた。

水は窓の高さにまで迫っていたが、アトキンスさんは車に近づいてなんとかドアを開け、女性を背負って安全な場所に運び出した。 

動画には、アトキンスさんが女性を背負い、彼女のバッグを腕にかけて水中を進む様子が映っている。

アトキンスさんがかつて働いていたウィスコンシン州ミルウォーキーのテレビ局TMJ4の同僚は、この救出の動画をツイートして「英雄的な奮闘だ」と称賛した。

 

アトキンスさんは「周りに警察や救助隊員が見当たらなかったため、救出に向かった」とWESH2に説明している。

水中にワニや落下した電線がないかを確認した上で、注意を払いながらゆっくりと車に近づき、女性を助け出したという。

女性は看護師で、嵐のなか職場に向かっているところだった。 アトキンスさんはTwitterで女性の娘から送られてきた感謝のメッセージを共有。「私たちはあなたにとても感謝しています。真のヒーローです」とつづられている。

ハリケーン・イアンが上陸したフロリダ州は、約260万戸が停電し、建物や橋、車、ボートなどが破壊されるなど、深刻な被害に見舞われた。バイデン大統領は30日、相当な数の死者が出た可能性が高いという報告を受けたと述べた。

 ハフポストUS版の記事を翻訳しました。

ひとりひとりが、サステナブルな地球環境の中で、自分らしく生きていくためにーー。

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。