【合わせて読む】島根のハンコ屋が「限界突破」に挑戦 その職人技に「国宝級…」の声

「ロシア人の友達がやってたグレープフルーツの切り方」を紹介したイラスト漫画が2月27日、Xに投稿され「これは、うまいやり方だ」などと共感を呼んでいます。

漫画を投稿したのは、((はげしい)))キーウィ@オカリナ講師のジャスティン(@Justin_ocarina)さん。

内容は、オリジナルキャラクターの「キーウィ」が包丁を持って、グレープフルーツを切るミニ漫画。最初に「縦に2つに切る」として、包丁がグレープフルーツに「ぐれっ」という効果音とともに入っていくところを描きます。次に「種のところV字に切る」として切る前と切った後の対比が入ります。その後は端っこは捨てるような切り方で、「最後にこう切る」として、グレープフルーツを横向きに切っていくプロセスを描写で説明。

最後に「これだけ」「めちゃくちゃ食べやすい」という文言と一緒に、キーウィが三角形にカットしたグレープフルーツを皮ごと持つ姿が描かれています。

この投稿は7万回以上「いいね!」され、大きな反響を呼びました。

別のツイートでは、「(イラストでわからなかった方すみません。写真です)」という文章とともに、漫画で紹介したプロセスを写真を用いて説明しています。

オカリナ講師のジャスティンさんは、いつ頃からキーウィのイラストを描き始めたのか。ハフポストの取材に「初めは色々な動物のイラストを描いていたのですが、ある日キーウィを描いたとたん突然人気が出たため、そのままキーウィを描き続けることになりました。なぜだったのかいまだに不明です」と明かします。

「新しいグレープフルーツの切り方」を知ったときの反応を尋ねると「特に『新しい』というわけではありませんでした。以前もどこかで見たことがあったため、ロシア人の友達がやっているのを見たときに『思い出した』という感じです」と説明します。

また、よくある「スマイルカット」とは異なる切り方で、具体的な名称もないとして「(投稿の)コメントの中に合った『寒冷前線切り』という名前が秀逸で、一番しっくりくるように思います」と話します。

投稿には「僕が最近いちばん知りたかった知識」「今度やってみます!」「柑橘類ならなんでもいけるんやろうか」「すげー」という反応が寄せられました。

これに対して、オカリナ講師のジャスティンさんは「特に新しい情報でもないだろうと思っており、これほどの反響は予期しておりませんでした」と驚いたそう。「自分では『当たり前かも』『みんな知ってるかも』と思う情報でも、シェアしてみる価値があるものだと学びました」と話しています。