縄文土器をかたどった、愉快なクッキー型
出典:イチオシ | 縄文土器や土偶をかたどったクッキーが簡単に作れる

お菓子作りの初心者でも作りやすいメニューといえば、クッキーでしょうか。

 

比較的簡単に作れるとはいえ、卵白を泡立てたり、チョコレートを湯煎で溶かしたりと、意外と繊細な作業が多いですよね。初心者向けといっても、お菓子作りには技術が必要なのです。


私の場合、出来上がりの写真を見ては「いつかはこんなお菓子を作ってみたい!」と憧れが募るのですが、いざ工程を確認すると、難しすぎてやる気が失せてしまうことも。そしてあっという間に挫折してしまうのが、よくあるパターンです。


さて、今回はそんなポンコツな自分でも「もしやパティシエの才能があるんじゃないか?」と勘違いするほど頼もしいアイテムを見つけてしまいました。sacsacの「クッキー型」を使えば、初心者でも簡単に「いいね!」と褒められる手作りクッキーが作れるのです!

 

「ポン!」と押すだけで簡単に模様が付けられる

ユニークなクッキー型。火焔土器(左)と遮光器土偶(右)。
出典:イチオシ | 火焔土器(左)と遮光器土偶(右)

sacsacにはユニークな「クッキー型」がたくさんあって、私が購入したのは「縄文土器型」です。それぞれ「火焔土器」と「遮光器土偶」と呼ばれるもの。


実際に手に取ってみると、かなり複雑な模様です。縄文マニアとしての熱意はあるものの、果たして自分は上手にクッキーを作れるのだろうかと、やや不安になってきます……。

 
このように外枠とスタンプ部分の2パーツでできています。
出典:イチオシ | 外枠とスタンプの2つのパーツで構成されている

sacsacの「クッキー型」は、輪郭を作る外枠と模様を付けるスタンプが、それぞれ別のパーツになっています。クッキーの生地を平らに伸ばしたら、まずは外枠で形を抜いて、そのままスタンプを上から軽く押しましょう。キレイに模様が付くまで、何回か押すのがコツ。最後に外枠を外したら完成です。


おそるおそる試してみたところ、「おおお!」と声に出して驚いてしまうほどキレイな仕上がりに! さっそくSNSで写真を載せてみたら、思った以上に反響がありました。


外枠で固定されるので、模様がブレる心配はありません。実際に作業をしてみると、想像していたより簡単でした。なお、クッキー生地の作り方や、型の使い方は、同封の説明書で確認できるためご安心ください。

 

ユニークなデザインが豊富なクッキー型

スタンプを押すと、このように模様が付きました。(右上端は余った生地で作ったもの)
出典:イチオシ | 簡単なのに本格的な仕上がり(右上端のハニワは余った生地で作ったもの)

sacsacの「クッキー型」を使うと、一見すると難しそうな模様でも、キレイに仕上がります。


お菓子作りの技術を身に着けたような気分になり、モチベーションが高まります。「私はこれを作ったぞ!」という達成感があるので、満足度も高いです。


sacsacのショップは「Cookie Cutter Museum(クッキー型の博物館)」と称される通り、多彩な型がそろっています。めずらしいデザインが豊富で、その数はなんと100種類以上! どれも眺めているだけでワクワクします。


縄文土器以外には、音楽家・星座・妖怪・伝説上の神獣・不可能図形・鳥獣人物戯画などのラインナップがあります。アートの要素が高く、一風変わったユニークなものばかり。オーダーメイドで自分だけの型を作れるのも魅力です。


 

カラフルで可愛いのでギフトにもおすすめ 

出来上がり。お菓子作り初心者の私でも、人にあげたくなるレベルに作れました。
出典:イチオシ | お菓子作り初心者の私でも簡単にプレゼント用のクッキーが作れる
 

sacsacの「クッキー型」は、明るくてカラフルな色をしています。キッチンの引き出しにしまっておくのがもったいなくて、どこかに飾っておきたくなるくらい。並べるとにぎやかで可愛いので、たくさん集めてコレクターになってしまいそう!


手作りクッキーをプレゼントするのもいいけれど、「クッキー型」そのものをギフトにするのもおすすめ。見ているだけで楽しい気分になれて、「また作ってみようかな?」とお菓子作りのやる気がわいてくるアイテムです。

DATA sacsac┃クッキー型

※さまざまなものをモチーフとしたアイテムのほか、オーダーメイドも可能