こんがりと焼けた食パンにバターがジュワッと染みた、トースト。おいしいですよね! そんな定番のバタートーストが、新感覚の食感に変化するという話題のレシピを発見! 大阪にあるベーカリー「三好パン」シェフ考案の“ぷるぷるトースト”、というものです。名前からして、おいしそうではありませんか!?

食パン、レシピ、ぷるぷる、簡単、アレンジ、トースト、バターたった3つの材料で新感覚のバタートーストが作れちゃう!


ぷるぷる食感のトーストレシピ



厚切り食パンに、水をふきかけ、バターをたっぷり沈めてトーストするだけのカンタンレシピ。仕上がりに胸をワクワクさせながら···。さっそく、スタート♪ 



材料(1人分)



  • 食パン…1/2斤
  • バター…30〜40g
  • 水…適量


作り方





1. パンは半分に切り、ふち5mmぐらいのところから一周するように、ナイフで底ぎりぎりまで切り込みを入れる。内側も同様に、十字に切れ込みを入れる。





2. 薄く切ったバターを切れ込みにぎゅっと押し込む。





3. 霧吹きで上から水を吹きかける。





パンがいびつになるぐらい、たっぷり50ccほどかけてみました。





4. 230℃に予熱しておいたオーブンで焼き色がつくまで焼く(我が家のオーブンでは、15分ほどでした)。お好みではちみつをかけて、いただきましょう。



しっとり、ぷるんぷるん。新感覚のおいしさ!





こんがりきつね色をしたトーストの表面はサクサク、そして中身のクラムは···。しっとり、ぷるんぷるん! 





食べ進めるごとに、バターがジュワ〜ッと口中に溢れます。なんて贅沢なおいしさのトーストなのでしょう。



無塩バター&はちみつの組み合わせは味がぼやけるので、アクセントに塩の結晶をかけました


元のレシピでは無塩バターを使うことになっているのですが、個人的には有塩のもので作った方が、より一層コクのある味わいが楽しめると思います。



また、食パンがかなり厚めなこともあり、霧吹きでかけた水が底の方までは届きません。なので、1斤の食パンではなく普通の厚切り食パン(4枚切り)で作った方が、よりぷるぷる感が期待できるかも?



とにもかくにも、たったこれだけの作業でいつもの食パンが、新感覚のおいしさになるのは驚きです! バターたっぷり、リッチな味わいのぷるぷるトーストにはブラックコーヒーをぜひ。



[gnavi.co.jp]
[All photos by sweetsholic]
Please do not use the images without permission.