ぬか漬けといえば、ぬか床で漬けるイメージですが、それを覆す商品がカルディに!「もへじ 熟成ぬか漬けの素」はいりぬかがチューブに入っており、そのまま食材に塗って一晩漬ければできあがり。手間いらずでおいしいぬか漬けが食卓に♪ この記事では基本の野菜の漬け方にプラスして、めずらしいお肉の漬け方もご紹介。チューブだからできる、いろんなぬか漬けに挑戦してみませんか?

「もへじ 熟成ぬか漬けの素」「もへじ 熟成ぬか漬けの素」
©︎taki


「もへじ 熟成ぬか漬けの素」



「熟成ぬか漬けの素」
©︎taki


「もへじ 熟成ぬか漬けの素」をご存知でしょうか? ぬか床がチューブになった商品で、これ1本あれば簡単にぬか漬けができあがり! 野菜にぬり込んで一晩漬ければ、ハードルの高かったぬか漬けもささっと完成。ぬか漬けを始めたい方、少量だけ漬けてみたい方におすすめです。





中身はこちら。原材料のメインはいりぬかで、乳酸菌や唐辛子も加えられています。余計なものが入っていないので、基本のぬか漬けの味を楽しめますよ。





チューブから出してみました。水分は多めで、野菜などにぬり込みやすい形状です。



野菜を漬けてみた。





まずは基本の野菜を漬けてみました。今回は定番の、きゅうりと人参を漬けた様子をご紹介します!



材料と作り方



  • きゅうり・・・2本
  • 「もへじ 熟成ぬか漬けの素」・・・50g( きゅうり1本につき25g)
  • 人参・・・2本
  • 「もへじ 熟成ぬか漬けの素」・・・60g(人参1本につき30g)


※きゅうりに対するぬかの量は、「熟成ぬか漬けの素」に記載してある通りです。





きゅうりは洗って端を落とし、人参は皮をむいておきます。





ラップの上にきゅうりを置き、分量通りの「もへじ 熟成ぬか漬けの素」をすりこみます。





ラップでしっかり包んで、一晩寝かします。筆者は12時間ほど漬けてみました。漬け時間は12時間だと、さっぱり食べられる味になりました。





冷蔵庫で一晩以上漬けたら、ラップを外し、ぬかをさっと洗い流します。お好みのサイズにカットしたら完成です!





大変なぬか床の調整いらずで、おいしいぬか漬けを味わえます。味はぬか独特の旨味を残しつつもあっさりとしていて、初めてぬか漬けを作る人にもおすすめですよ♪



豚肉を漬けて焼いてみた。





チューブだからこそできるぬか漬けをもうひとつ。「豚肉のぬか漬けソテー」。 肉を漬ける!?と思われる方もいるかと思いますが、実はぬかに漬けた豚肉はおいしいのです。漬けた豚肉をソテーすると、味噌のようなコクのある味に。生肉はぬか床に入れられないので、チューブだからこそできる一品です!



材料と作り方



  • 豚ロース(厚切り)・・・1枚
  • 「もへじ 熟成ぬか漬けの素」・・・30g




まずは豚肉の下ごしらえ。火が入りやすいように。豚肉にフォークで穴をあけておきます。分厚いところや、脂身と赤身の境目を中心に刺すとよいです。





下ごしらえをした豚肉に「もへじ 熟成ぬか漬けの素」をぬり込み、ラップでしっかり包みます。冷蔵庫で一晩漬けます。





冷蔵庫から取り出したら、キッチンペーパーなどでさっと表面のぬかを拭き取ります。



※一度使ったぬかは捨ててください。





フライパンにサラダ油(分量外)をひき、中火で両面がこんがりするまで焼きましょう。中まで火が通れば完成です。



「もへじ 熟成ぬか漬けの素」


豚肉と「もへじ 熟成ぬか漬けの素」だけで、存在感のある一皿に! ぬかの塩味で味付けいらず。表面に少し残ったぬかは、カリッと香ばしくアクセントになりますよ。チューブだからこそできる「豚のぬか漬けソテー」を、ぜひ味わってみてください。



もへじ 熟成ぬか漬けの素
内容量:170g
通常価格:340円(税込)
賞味期限:筆者が購入したときは約10ヶ月でした(未開封時)
https://www.kaldi.co.jp/ec/pro/disp/1/4570018721113



※商品の取り扱い状況は店舗によって異なります。
※商品価格や特売期間等は予告なく変更になる場合がございます。
※掲載日時点の情報となります。



【参考】
カルディオンラインストア, 熟成ぬか漬けの素, 閲覧日2021-4-30
https://www.kaldi.co.jp/ec/pro/disp/1/4570018721113



[All photos by taki]