スーパーで売っているシュークリームといえば、袋に入った冷蔵コーナーのシュークリームを想像しますよね。でも、ロピアには店舗で手作りしたシュークリームが販売されているのです。一度見たら、誰しも気になる迫力のシュークリームを実食ルポでご紹介します。店舗によっては取扱いがないので、お近くのロピアをチェックしてみてくださいね。

ロピアオリジナルシュークリーム©Tsukino_Peperoncino


ロピアの手作りシュークリームは、その見た目がとにかく大迫力! 物によって多少異なりますが、測ってみたところ高さ10センチ、直径9センチという驚きの大きさです。



クリームがむき出しになっていて、どれほどたっぷり入っているのかが一目瞭然です。そんな魅力的なスイーツを見つけたら、買わないわけにはいきません。いくつか種類がありますが、今回は3種類のシュークリームを実食ルポでご紹介します。



手作りシュークリームはパン売り場がある店舗のみ取扱いアリ!



ロピアに電話で確認したところ、手作りシュークリームは「パン売り場」がある店舗のみ取扱いがあるそうです。



それもそのはず。私がいつも来店している店舗では、見たことがなかったのです。たまたま別の店舗へお邪魔したところ、そのシュークリームを発見し、思わず目を奪われてしまいました。



ロピアのクリームたっぷりシュークリームを3種類実食!



その日によって種類が異なる可能性がありますが、私が来店したときは4種類のシュークリームがありました。どれを買おうか迷ってしまいますが、今回は「普通の生クリーム」「チョコミント」「チョコレート」の3種類をチョイス!



見るからに映えるシュークリームなので、SNSにアップして友だちと盛り上がるのもおすすめです。では、さっそく実食してみましょう。



オーソドックスな「生クリームのシュークリーム」



©Tsukino_Peperoncino


まずはオーソドックスな白い生クリームのシュークリームから実食します。クリームが波打っていて、見た目にも美しいシュークリームです。



お味のほうは、誰でも一度は食べたことのある安心感のある味。持ってみるとずっしりと重みがあり、クリームがつまっています。



土台の皮にはクッキーのような部分があり、それだけ食べても十分おいしいのですが、生クリームと一緒に食べるとベストマッチ。



食べても食べてもなくならないくらい生クリームがたっぷり入っているので、クリーム好きにはたまらない大満足のシュークリームです。



青色が鮮やかな「チョコミントのシュークリーム」



©Tsukino_Peperoncino


ひときわ目を引くのが「チョコミントのシュークリーム」です。青色が鮮やかで、インスタ映えすること間違いなし。



食べてみると、期待を裏切らない清涼感のある味がして、夏にぴったりのシュークリームです。



©Tsukino_Peperoncino


ただし、皮やクッキー部分との相性はあまりよくないと感じました。話題性という意味では、間違いなく「買い」のシュークリームです。



安心のおいしさ「チョコレートのシュークリーム」



©Tsukino_Peperoncino


チョコレートのシュークリームは、見た目は地味ですが想像を上回るおいしさでした。クリーミーでしっかりとしたチョコの味わいがあります。



変にミルクっぽくないし、甘すぎずちょうどよい甘さです。ちょっとビター感もあり、濃厚なうえにふわふわとした食感を楽しめます。チョコ好きにおすすめしたいシュークリームです。