手頃な値段でおいしいケーキやスイーツ、アイスがたくさんそろうシャトレーゼ。ステイホーム中は特に、シャトレーゼのおやつが日常にワクワク感をくれます。今回は、コスパのいいシャトレーゼのケーキの中から、「生チョコとトリュフのバトン」を実食ルポ。この価格でこの満足感はすごい!

シャトレーゼ「生チョコとトリュフのバトン」


バトンケーキとは?





バトンケーキってご存知でしょうか。バトンはフランス語で「棒」の意味。棒のように細長いケーキのことをそう呼ぶそうです。今回ご紹介する「生チョコとトリュフのバトン」も、こんな風に長いケーキです。



3種のいちごを1つのケーキで!「苺食べ比べバトン」


2021年いちごフェアで大人気だった「苺食べ比べバトン」もバトンケーキですね。こちらはもう販売終了ですが、普通の「苺バトン」は、今も購入OKですよ。



チョコ好きのためのケーキ「生チョコとトリュフのバトン」



シャトレーゼ「生チョコとトリュフのバトン」デコレーションアップ


「生チョコとトリュフのバトン」は、まさにチョコの玉手箱のようなケーキ。チョコクリームたっぷりのデコレーションの上には、生チョコレートとトリュフ、コイン型のチョコレートが飾られています。さらにチョコソースとココアパウダーでおめかし。





チョコクリームの下は、ココアスポンジでホワイトチョコクリームをサンドしています。ホワイトチョコクリームには、シリアル入りホワイトチョコも混ぜ込まれているとのこと。どんな食感なのか楽しみ〜。



実食!「生チョコとトリュフのバトン」はみっちりチョコづくし〜



シャトレーゼ「生チョコとトリュフのバトン」カットしてコーヒーと


さて、早速いただいてみましょう。欲張って生チョコ2つ、トリュフ1つがトッピングされたピースをチョイス。ブラックコーヒーをお供にします。





クリームの上にゆったりと鎮座する生チョコは、想像以上に濃厚。ねっとりとした生チョコの食感と風味を堪能できます。





トリュフは大人風味。こちらはしっかりパリパリとしたチョコの食感も楽しめます。甘さは抑えめですが、ブラックコーヒーによく合います。





ココアスポンジはふわふわしっとり。柔らかくて軽いのでペロッと食べられます。チョコクリームとの相性もバッチリです。ホイップクリームではなく、ホワイトチョコクリームというところがまた、甘さに奥行きがあっていいですね。風味の違う2つのクリームに挟まれて、カフェモカのように混ざり合う風味を楽しめました。



ん?と思ったら、ホワイトチョコクリームの中に、サクサクしたパフのような食感。これがシリアル入りホワイトチョコなんですね!メリハリがあって、面白〜い!



この価格でこのご褒美感はお得!





驚くのは、税込 1,296円というお値段。まさにコスパ抜群!おうちカフェにぴったりのケーキです。いつものおやつにちょっと特別感が欲しくなったとき、ぜひ。




生チョコとトリュフのバトン
本体価格 1,200円 (税込 1,296円)
サイズ 8cm×17cm
賞味期限 当日中
https://www.chateraise.co.jp/products/detail?id=1001177&category_id=154



[All Photos by kanoa]