次々と話題の新作が生まれるコンビニスイーツ。そのなかでも、ローソンのバスチーはシリーズ累計6,800万個以上を売り上げる大人気スイーツ(2021年8月末時点)。そのバスチーに匹敵するヒットをと登場したのがこちら「生ガトーショコラ」です。ワンハンドで食べられる生クリーム入りガトーショコラ。湯煎焼きしたというその食感はどんな感じなのでしょう。早速実食ルポ!



馴染みあるメニューにローソンらしさをプラス「生ガトーショコラ」





本日2021年9月27日(月)発売のローソン新作スイーツ「生ガトーショコラ」。ガトーショコラという広く知られるスイーツを、より手軽にかつ原料や製法にはこだわる、ローソンらしいアレンジで仕上げた商品です。価格は税込220円。





ワンハンドで気軽に食べられるようフィルムに包まれ、崩れないよう容器に入っています。中央にたっぷり入ったクリームは、特別感とエンタメ感を演出。さらにチョコソースをトッピングすることで、見た目のアクセントにもなっていますね。



実食!湯煎焼きならではのしっとり感





ガトーショコラのおともはやっぱりブラックコーヒーでしょうか。準備万端でいざ実食。こうしてコーヒーと並べてみると、まるで専門店のスイーツのようです。金色のフィルムも高級感を醸し出してくれています。





断面をみると、ガトーショコラの高さ半分あたりまでクリームが詰まっているのがわかります。クリームには北海道産生クリームがブレンドされているので、ホイップクリームにはないコクが期待できそうです。





レストランやカフェなどではクリームが別添えで出されることが多いガトーショコラですが、ガトーショコラの器にクリームがINしているとワンハンドで食べられるのがうれしい。やわらかすぎず、手に持ちやすい形なのもよく考えられています。



湯煎焼きで仕上げた生地は、ホロホロしっとり。手軽なガトーショコラというとちょっと乾いた感じがするものもありますが、こちらは上品なしっとり感を堪能できます。生地にはカカオ62%のクーベルチュールチョコや北海道産生クリームを使用しているので、カカオの濃厚な風味やミルキーなコクもしっかり楽しめるのがポイント。



さらに中に詰まったクリームやパリパリ食感のチョコソースでメリハリがつき、小ぶりながら満足感の高いスイーツだと思いました。



意外性はないけれど、安心して選べるおいしさ





ローソンの新作「生ガトーショコラ」は、目新しさや驚きはないけれど、素材や製法にこだわった王道スイーツを手軽に楽しめるという点で重宝しそうなコンビニスイーツ。



専門店のガトーショコラはときに濃厚すぎて固かったり、ねっとり歯にまとわりついたりすることがあると思うのですが、この「生ガトーショコラ」は濃厚なのにホロっと口でほどける食感。そのバランスがローソンならではなんですね。



生ガトーショコラ
ローソン標準価格220円(税込)
カロリー229kcal
https://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/1440501_1996.html



※店舗、地域によりお取扱いのない場合がございます。
※地域により予告なく販売終了になる場合があります。
※「ローソン標準価格」とは、株式会社ローソンがフランチャイズチェーン本部として各店舗に対し推奨する売価のことをいいます。



[All Photos by Aya Yamaguchi]