良品計画から、500円以下の日用品約2,000アイテムをそろえた新業態「無印良品 500」がスタート! 2022年9月30日(金)より、1店舗目として「無印良品 500 アトレヴィ三鷹」がオープンしました。店舗で販売されるアイテムの約70%が500円以下の日用品・消耗品とされ、価格高騰が続くなかでも、高品質な商品をリーズナブルに購入できるのが魅力。また、駅ナカに出店されていることから、日常的に通いやすいのもポイントです。


「無印良品 500」って何?





「無印良品 500」は、500円以下の日用品や消耗品を中心に販売する新業態の店舗。安価で品質のいいものを届けたいという思いから、価格高騰が続く状況下でも、手に取りやすい価格の商品が展開されます。



1号店として、9月30日(金)に「無印良品 500 アトレヴィ三鷹」がオープン。2023年2月までには都心部を中心に30店舗、その後年間20店舗のペースで出店される予定です。



普通の無印良品と何が違う?



約70%が500円以下の日用品・消耗品



キッチンツール


タオル類


最大の特徴は、販売商品の約70%が500円以下の日用品・消耗品とされているところ。洗剤やトイレットペーパー、掃除用品、キッチン用品など、毎日の生活に欠かせないアイテムに重きを置いた商品ラインナップとされています。



「無印良品 500 アトレヴィ三鷹」では、500円以下の日用品が約2,000アイテム、全体で約3,000アイテムが取りそろえられているそうです。





もちろん、無印で人気の食品も充実。自宅で食事をする機会が増えた昨今、手軽においしい料理が食べられるのはうれしいですよね。



500円以上の商品も販売



スキンケア用品




また、スキンケア用品をはじめとする、より品質の高さを重視した500円以上のアイテムも展開されています。ファンの多い化粧水やダメージケアシャンプーも用意されているので、一気に買い物が済ませられそう!



駅ナカ・駅チカで通いやすい





そして「無印良品 500」は、主に駅ナカ・駅チカ、街中など、比較的通いやすい場所に出店される予定。「無印良品 500 アトレヴィ三鷹」もJR三鷹駅構内にあるため、仕事帰りでも立ち寄れます。



展開商品や出店場所を考えると、コンビニやドラッグストアのような、我々の日常生活に欠かせない新たな存在となりそうですね。



2023年春夏には新商品約100アイテムが展開予定!





現在「無印良品 500」のみの新商品はありませんが、2023年春夏シーズンには約100アイテムの新商品が展開されるそうですよ! 出店数も増えてくると思うので、みなさんの近くに出店されたときは、一度のぞいてみてはいかがでしょうか。



無印良品 500 アトレヴィ三鷹
所在地:181-0013 東京都三鷹市下連雀3丁目46-1 三鷹駅構内4F
営業時間:10:00〜21:00
売場面積:55坪(181.82 m²)
https://www.ryohin-keikaku.jp/



取材協力:良品計画



[All photos by イエモネ編集部]





https://iemone.jp/article/zakka/iemone_editors_30410/