本誌『田舎暮らしの本』のライター・和田義弥さんは、茨城県筑波山麓の農村に移住し、フリーライターのかたわらで米や野菜をつくる自給自足的暮らしを楽しんでいます。そんな和田義弥さんがオススメするのが、なんとミニマムな「1坪ミニ菜園」。その魅力をお聞きしました。

ミニ菜園を楽しむ和田さん
長さ約2mの木材でつくった枠の内側にひもを張ってマスをつくり、1マス1品目を基本に栽培します。

畳2枚分の広さで年間32品目の野菜が育てられる!
「ミニ菜園」の魅力

○和田さんがミニ菜園をおすすめするのはなぜでしょうか?

 私は、自給自足的な暮らしがしたくて、14年前に茨城県筑波山麓の農村に来ました。その日から、フリーライターという仕事のかたわらで米や野菜をつくり、ヤギやニワトリを飼って、できる範囲で自給自足的暮らしを楽しんでいます。それは生活のためというより遊びに近いものです。耕作している田畑はおよそ5反(約5000㎡)にもなります。

 そんな私がなぜ今、1坪(約3.3㎡)というミニ菜園をすすめるのかというと、それは生産性と管理のしやすさを追求した結果です。やたらと広い畑を耕すより、ミニマムな菜園で、必要最低限の野菜をつくるほうがさまざまな面で効率的なことに気づいたからです。その最小限の広さが1坪なのです。

ミニ菜園の様子
春のミニ菜園。コマツナやチンゲンサなどは、3月に種をまくと40日ほどで収穫できます。

○ミニ菜園のどんなところが効率的なのでしょうか?

 第一に、土を耕す労力がいりません。多少でも農作業をしたことがある人ならわかると思いますが、土を耕すというのはものすごく大変です。趣味で家庭菜園をやるにしても、気持ちよく汗をかけるのはせいぜい10坪程度だと思います。それ以上は耕うん機を使わないととてもじゃないが続けられません。その点、ミニ菜園なら最初の土づくりを除けば、その後に鍬で土を耕すことはほとんどありません。耕うん機を買う必要もないのでコストも抑えられます。

 第二に、除草がとにかく楽です。広い畑はたくさんの野菜をつくれますが、それ以上に草が生えることも忘れてはいけません。なにもしなければ夏の畑はあっという間に草に埋もれてしまいます。実際、私は5月から9月まで毎朝1時間ほど田畑の除草に汗を流しています。それくらいやらないと、畑の野菜や田んぼの稲は草に負けてしまうのです。しかし、ミニ菜園ならそんな苦労はしなくていい。草が生え始めたら草刈り鎌や熊手でちょいちょいと根を切ってやれば、それで終わりです。1週間に1〜2回、10分も除草すれば草のない美しい菜園を維持できます。除草の時間と労力を限りなく最小化できるのです。

ナスやミニトマトが実っているミニ菜園
ミニトマト、ナス、オクラ、モロヘイヤなどが育つ夏のミニ菜園。無農薬、無化学肥料にもこだわっています。

○ミニ菜園では土づくりも簡単とのことですが。

 野菜の生育に適した土が簡単にできることも、ミニ菜園が効率的な理由のひとつです。野菜づくりで最も大切なのは土です。なぜなら野菜は土に根を張って養分や水分を吸収するから。もともと畑だった肥沃な土地なら問題ありませんが、家庭菜園の場合、庭先や造成地、長年放置されたような荒れ地を開墾するケースも多くあります。

 かく言う私の畑も、その一部は田んぼを埋め立てた土地だったため水はけが悪く、小石交じりで、最初はとても野菜が育つような土ではありませんでした。それを長年かけて石を取り除き、堆肥を投入して土壌を少しずつ改善していったのです。野菜がよく育つようになるまで10年かかりました。そんな土づくりの問題も、ミニ菜園なら培養土や堆肥を入れてやればすぐに解決します。何年もかけて土づくりをする必要がないのです。

○1坪という小さな菜園では、栽培できる野菜も限られるのではないですか?

 もちろん1坪で家族が食べる野菜をすべて自給するのは難しいです。しかし、初夏から晩秋の菜園シーズンはほぼ毎日、畑で収穫したなにかしらの野菜料理を楽しめるはずです。育てられる野菜の基本は年間32品目。それが約2m×2m、およそ畳2枚分の広さで実現できます。

 最小限の広さと労力、時間、コストで、最大限の収穫を得る。それが一坪ミニ菜園のメソッドです。

ミニ菜園で育てられる野菜は年間32品目にも
たった1坪でも夏野菜の収穫のピークには、これくらいの収穫が期待できます。

スイカも育ったミニ菜園
支柱を立てて、つるを上に誘引すればスイカやカボチャも栽培できます。

ミニ菜園のつくり方は簡単! 3ステップのみ

1)枠をつくる
   ↓
2)土・資材を入れる
   ↓
3)ひもを張る

8月のミニ菜園の様子8月のミニ菜園の様子。野菜の生育に適した土でぐんぐん育ちます。

畳2枚分というミニ菜園の広さの理由


枠に40〜50㎝間隔で釘を打って、ひもを引っかけます。自然素材の麻やシュロのひもが見た目にも好相性です。

理由1 木材の規格でつくれる

 木材の寸法には規格があり、おおむね4m、2m、1.82mの長さで販売されています。1.82mというのは中途半端な長さですが、これは昔ながらの尺貫法に由来した長さで、畳の長辺に相当する6尺が約1.82mです。つまり2m×2mの枠なら、木材を切らずにそのままのサイズで効率的に使うことができます。

理由2 4×4マスに区切ると16品目を栽培できる

 枠にひもを張って4×4マスに区切ると、隣り合うマスの中心から中心までの長さは40〜50㎝になります。これは1マスに1つの野菜を植えつけた場合の株間に相当します。トマトやキュウリ、キャベツ、ジャガイモ、ダイコンなど、多くの野菜において40〜50㎝はちょうどいい株間です。

ミニ菜園は区切ったなかをうまく活用
ひもの代わりに板を使ってマスを区切ったミニ菜園。トマトやキュウリの支柱には竹を利用しています。

理由3 枠の中まで手が届くので、管理しやすい

 枠の大きさは庭や畑の広さによってアレンジもできますが、広すぎると枠の中に入って作業しなくてはならず、管理が大変なうえに土を踏み固めてしまう恐れもあります。その点で2m×2mは広すぎず、狭すぎず、一日の空いた時間でサッと作業ができるサイズで、枠の外側から中まで手が届くので管理も楽なのです。

ミニ菜園なら手が届きやすい
ひもを張って栽培スペースを見える化することで、植えつけや収穫の時期が異なる野菜を一緒に育てても管理しやすくなります。

理由4 小さな庭や市民農園にぴったり

 2m×2mはおよそ畳2枚分の広さに相当し、住宅地の小さな庭や広さの限られた市民農園でも設置しやすいサイズです。庭の形に合わせて2×8マスの長方形にしたり、広さに余裕があれば2〜3枚のミニ菜園を組み合わせてレイアウトしたりもできます。南北に畝が並んだよくある畑より、きっと見た目も素敵になるに違いありません。

ミニ菜園を組み合わせて畑に
何枚かのミニ菜園を組み合わせれば、野菜の自給率も上がります。庭の景観としてもおしゃれです。

『育てやすい&たくさんとれる 一坪ミニ菜園入門』
『育てやすい&たくさんとれる 一坪ミニ菜園入門』
著者名 和田義弥
発売日 2024年2月19日
定価 1980円(本体1800円)
ISBN 9784635580519
判型 B5判
ページ数 128ページ

 一坪(畳2枚分)のミニ菜園の作り方と使い方、人気の定番野菜64種の育て方をまとめた、ミニマムな野菜づくりが丸ごとわかる決定版! 家庭菜園専門誌の人気連載から生まれた「一坪ミニ菜園」は、1坪のスペースに16のマスを作り、ワンシーズン16品目、年間32品目を効率よく育てられます。育てやすく、たくさんとれる! 家庭菜園がおもしろくなること間違いなしの菜園術です。
◎無農薬・無化学肥料 ◎人気野菜64種の育て方付き

 
和田義弥(わだよしひろ)

1973年生まれ。フリーライター。20〜30代にオートバイで世界一周。40代を前に茨城県筑波山麓の農村で暮らし始める。約5反の田畑で米や野菜を自給し、ヤギやニワトリを飼い、冬の暖房は100%薪ストーブでまかなう自給自足的アウトドアライフを実践。著書に『増補改訂版ニワトリと暮らす』(グラフィック社)など。
https://www.wadayoshi.com/