多くの作品を通じ、俳優として大きく飛躍しているSixTONESの松村北斗さん。最新作『夜明けのすべて』の見どころなどを聞きました。

profile:松村北斗
まつむら・ほくと 1995年6月18日生まれ、静岡県出身。SixTONESのメンバーとして活動中。近作はドラマ「ノッキンオン・ロックドドア」や映画『すずめの戸締まり』。

誰しも何らかの生きづらさを抱えて日常を生きている

 松村さんの最新作は、瀬尾まいこの同名小説を上白石萌音さんとW主演で映像化した『夜明けのすべて』。人には理解されにくい症状を抱え、生きづらさを感じながら生きる男女の交流を描く。松村さんが演じるのはパニック障害の山添くん、上白石さんは重度のPMSを抱える藤沢さんを演じる。

 「今回はパニック障害とPMSですが、誰しも何らかの生きづらさを抱えていて、そんな中でよいことも悪いこともあるのが、日常だというのがこの作品の一番のテーマだと思います。山添くんは生きづらさに拒否反応を示している人です。他人にばれたくない思いもあるし、もしかしたら人に隠し通すことで自分自身にも隠せるんじゃないか、ってことすら思っていそうだと思いました。でも、生きづらさで溜まったフラストレーション、表に出てくる噛み合わなさを自分でも気持ち悪いって感じている。山添くんは、その噛み合わなさ、気持ち悪さをなんとか自分の中に閉じ込めておこうとしているけど、それを解放していくのが藤沢さんなんだという話なんですよね」
 
 同じ会社で働いていたことから、お互いの事情を共有し、友達でも恋人でもない不思議な関係性を築きながら支え合う山添くんと藤沢さん。このふたりの関係性をどう感じるのだろう。

 「強い繋がりのある関係性ですよね。いいなと思ったのは、ふたりの間には恋仲になろうとも、友達になろうという気もないし、本当に何もないこと。ただ、お互い気づけば救い合っていて、出会えてよかったな、ぐらいの話なんですよね。その先ではなく、過去を振り返ったら、出会えてよかったな、って終われる。でも、自分の人生にとって、出会えなかったら怖かったとすら思う、そんな関係性です。藤沢さんが「カムカムエヴリバディ」で共演した上白石さんだったから、絶妙な安心感というか、『初めまして』では作れなかった自然な空気感が全体を通してありました」

SixTONESのメンバーは僕を助けて、救ってくれた存在

 松村さん自身が人に救われたなと思う体験談を尋ねるとSixTONESのメンバーの話をしてくれた。

 「最初からSixTONESは仲がいいから、気が合うからって集まった人間同士ではないんですよね。今でこそ正直、ものすごく関係が良好で、大好きな人たちだけど、そうなる前は一方的ですけど、僕が一切、メンバーと言葉を交わさない、目を合わせないっていう時期があって。そのなかでもメンバーには救われて、助けられてきて、そこに好き嫌いは実は関係ないんですよね。多分、僕を助けた理由、救った理由は、メンバーにとっては仕事だからだと思うんですけど、理由なんてどうでもよくって、あの時の自分はメンバーに助けられたことがあったんだなって。当時は嫌いだったけど(笑)、助けられたな、ありがたいな、っていう気持ちは、当時も今も感じています」

松村北斗カーディガン¥35,200(th products/TARO HORIUCHI Inc.) その他(スタイリスト私物)


INFORMATION:
映画『夜明けのすべて』
瀬尾まいこの小説を映画化。PMS(月経前症候群)とパニック障害という、生きづらさを抱える藤沢さんと山添くんが、友達でも恋人でもないけど、救い合える関係を築いていく。公開中。