シャノンおよび同人サークル七転び八転がりは、ホラーアドベンチャー『アパシー学校であった怖い話』公式Twitterにて2021年6月16日20時に新作ゲームを発表すると明らかにしました。

同社は、1995年発売のスーパーファミコン向けアドベンチャー『学校であった怖い話』などを手掛けた飯島多紀哉氏が設立。2007年に発売した『アパシー 学校であった怖い話1995 ヴィジュアル・ノベル・バージョン』をはじめ、現在まで「アパシー・シリーズ」と呼ばれる世界観の作品を多数送り出しています。

公式Twitterの画像には「椅子に座っている人物」「燃やされている本」「本棚についた液体」など、いくつかの手掛かりが描かれています。新作ゲームに関する詳細や発表方法などはまだ明らかになっていません。