エレクトロニック・アーツが贈る基本プレイ無料バトルロイヤルFPS『Apex Legends』。UUUMより、本作を用いた最強の個人を決める大会「超絶Apex Tournament」が9月20日(月)に開催されました。


本大会はひと月ほど前に開催された「えぺまつり夏の陣」とは異なり、最強の個人を決める大会として開催されました。出場者には競技シーンで活躍しているプレイヤーはもちろん、実力派のストリーマーも多く参加しています。海外のプレイヤーも多数参戦。


大会は大きく2部に分けられ、予選のソロバトルロイヤル、決勝のソロアリーナで行われました。予選のソロバトルロイヤルは3つのサーバーに16名ずつがシャッフルされて参加、計4試合行われます。そして成績上位10名が決勝のソロアリーナへ進出。最強のプレイヤーを決定するという仕組みです。


全48名の強豪の中から、最強の座に輝いたのは……。


予選を勝ち抜いたのはこの10名!

1位:Zer0
2位:Euriece
3位:Mande
4位:pinky
5位:Dogma
6位:1tappy
7位:LeeYun
8位:まさのり
9位:NIRU
10位:YukaF1




全4試合になるソロバトルロイヤルで上位10位に入ったのはこの10名。このうち1位のZer0選手と2位のEuriece選手は決勝のアリーナトーナメントではシード枠扱いとなり、準決勝からの登場になります。

決勝となるソロアリーナのトーナメント表は以下の通り。

最強の座に輝いたのはこのプレイヤーだ!
決勝戦はNIRU選手と1tappy選手の戦いに。1tappy選手が激しい撃ち合いをストレートで制し、優勝を決めました。

本大会の視聴者数は6万人を超え、大盛況を見せた「超絶Apex Tournament」。優勝したのは1tappy選手選手でしたが、予選、決勝戦を通して、どのプレイヤーも凄まじいテクニックを披露してくれました。予選2試合目のMande選手のテルミットグレネードからの流れるようなキルや、3試合目のAimbot選手とLeeYun選手のハイレベルな1on1、4試合目はまさのり選手がグラビティリフトを使ったユニークなドアロック解除を見せてくれました。

決勝のアリーナトーナメントではYukaF1が見事なグレネード捌きを見せ、2回戦の第1試合ではNIRU選手VSまさのり選手の日本人対決も。準決勝第2試合のEuriece選手VS1tappy選手の戦いはサドンデスまで持ち込まれるほどの激戦に。3位決定戦のEuriece選手とZer0選手の戦いも長期戦になりました。

そんな激戦の様子を確認したい方は、アーカイブがあるのでこちらからどうぞ。また、大会公式ツイッターでは各試合のリプレイ映像も投稿されていますので、そちらもご確認ください。