HoYoverseは、PS5/PS4/スマホ/PC向けオープンワールドRPG『原神』にて、まもなく開放予定とする「新地域」の紹介映像を公開しました。

映像では、草木の生い茂る熱帯雨林らしきマップが紹介。これまでに冒険してきたモンド、璃月、稲妻とは異なる「七天神像」の存在から、ここが“新たな国”であると分かります。

メインチャプターで稲妻の次に来るのは「スメール」。草神が統治する地で、これまでにも研究機関「教令院」の存在や、土地の半分は熱帯雨林でもう半分は砂漠という話題などがゲーム内で聞けました。

いよいよ新たな国での冒険が始まるのか?7月13日から開幕予定の「Ver.2.8 常夏!幻夜?奇想曲!」をはじめ、今後の展開に期待が高まります。