株式会社ポケモンは、『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット ゼロの秘宝』の「後編・藍の円盤」に関する新情報を発表しました。

「後編・藍の円盤」の配信は12月14日に行われる予定ですが、それに先駆け、作中に登場する「リーグ部」に関する続報がつぎつぎに公開されています。この「リーグ部」とは、ブルベリーグに参加しているトレーナー同士がポケモンバトルで鍛え合う部活のこと。部での活動を通して、仲間との交流も可能です。

また、「ブルーベリー・スペシャル・レクリエーション」、略して「ブルレク」と呼ばれる課外活動があり、学園から課された「ミッション」をクリアすることで「ブルーベリーポイント(BP)」がもらえます。BPは学園内の通貨で、購買部や食堂で使用できるほか、「リーグ部」の部室に様々な人を招待したり、機能を追加したりする際にも使えます。

この招待を活用すれば、パルデア地方で出会ったトレーナーを「特別講師」として学園に呼ぶことができ、一緒に写真を撮ったり、バトルを挑んだりと、さらなるコミュニケーションが図れるとのこと。

特に見逃せないのが、特別講師と行える「ポケモン交換」です。交換するポケモンは、本作で新登場する「パートナーリボン」を持っており、これをつけるとポケモンに二つ名がつくとのこと。またバトルの際には、トレーナー名の入った名前で繰り出すことができます。

一例として公開された画像を見ると、「ナンジャモ」とポケモン交換してコイルを受け取り、そして「ナンジャモのコイル」を場に出す様子などが確認できます。

特別な二つ名がついたポケモンで戦うバトルは、また一味違った手応えがありそうです。

(C)2023 Pokemon. (C)1995-2023 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokemonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。
※画面は開発中のものです。