2024年6月18日より配信された「Nintendo Direct 2024.6.18」にて、『HUNDRED LINE -最終防衛学園-』が発表されました。

本作は、名作コロシアイADV『ダンガンロンパ』シリーズを手掛けた小高和剛氏と、『極限脱出』『AI:ソムニウムファイル』で知られる打越鋼太郎氏がタッグを組んで生み出した“極限”と“絶望”の完全新作です。東京団地で平凡な日常を過ごしていた主人公の澄野拓海が、正体不明の襲撃者「SIREI」によって壊された世界を舞台に、「最終防衛学園」と呼ばれる学校で生き延びます。

同スタジオが得意とするデスゲームのような世界はもちろんですが、ゲームシステムがアドベンチャーゲームだけではなくストラテジーゲームとなっています。15人の生徒で協力して、迫りくる「侵校生」から学園を守り抜くことが目的となります。


『HUNDRED LINE -最終防衛学園-』は、PC(Steam)/ニンテンドースイッチ向けに2025年発売予定です。