「婚活・恋活アプリ」の市場シェア、1位は……

「婚活・恋活アプリ」の市場シェア、1位は……

 若者を中心に広がりつつある婚活・恋活アプリ(デートアプリ)だが、現時点での国内市場におけるアプリ内課金額はどれくらいなのか――。

 モバイルアプリのマーケティングなどを手掛ける韓国IGAWorksが「App Store」「Google Play」内での課金額を独自に推定した結果(Web決済による売上額は含まず)、2018年1〜12月の日本国内における課金額は計168.2億円だった。

 月別のアプリ内課金額は、18年1月は10.7億円で、10月に年内最高の17.5億円を記録。12月は15億円に落ち着いたものの、年間を通じて堅調に推移していた。

 デートアプリ別にみると、課金額の1位はサイバーエージェント子会社が運営する「タップル誕生」。年間を通じて53.5億円(シェア31.8%)が課金されていた。

 2位はエウレカが運営する「Pairs」で、課金額は44.1億円(26.2%)。同市場では、上位2社が計58.0%を占める状態にあることが分かった。

 3位はアイベックの「ハッピーメール」(21.1億円、12.5%)、4位は米Match Groupの「Tinder」(17.6億円、10.5%)、5位はネットマーケティングの「Omiai」(17.5億円、10.4%)がランクインした。

 6〜10位は、イグニスの「with」(10.3億円、6.1%)、プレイモーションの「クロスミー」(2.5億円、1.5%)、リクルートマーケティングパートナーズの「ゼクシィ縁結び」(2.3億円、1.4%)、チラスタアプリ運営事務局の「チラスタ」(1.2億円、0.7%)、Market Driveの「イヴイヴ」(1.1億円、0.7%)――という結果だった。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

ITmedia ビジネスオンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索