「退職予定者をいじめる」会社には重いツケが回ってくる、意外な理由

「退職予定者をいじめる」会社には重いツケが回ってくる、意外な理由

 転職や退職で人生の新たなステップに向かう人にとって、元の職場ともめずに気持ちよくお別れしたいのが人情というもの。ただ、実際は必ずしもうまくいかないようだ。

 転職仲介を手掛けるワークポート(東京都品川区)が2018年12月に同社のサービスの利用者535人に行ったアンケートでは、62.4%が「退職時に会社からの引き留めにあった」と回答した。うち17.7%は嫌がらせやパワハラといったトラブルに発展していたという。慢性的な人手不足の折、企業側も退職者の発生に神経をとがらせているのかもしれない。

 退職時のトラブルは転職者にとって不幸でしかない。だが、実は辞められる側の会社もそうした「ひどい辞めさせ方」を社員に味わわせた結果、業務などに深刻なデメリットが発生するケースがあるという。

●退職表明した途端に上司豹変、「辞める人に仕事はない」

 今は人材業界で働く山本累さん(30代、仮名)は、数年前まで人事担当として勤務していたとあるサービス系の大手企業で、こうした退職のトラブルを何度か目撃した。

 ある日、この会社に5年ほど勤めていたクリエイティブ職の若手社員が退職を申し出た。それまでの勤務態度は良好で、転職理由もあくまでキャリアアップという前向きなもの。会社に不満があったわけではなかった。退職日のタイミングも「職場の都合に合わせる」と申し出ており、もめる要素は無さそうだった。

 しかし、この社員と仲の良かった直属の上司の態度が豹変。「辞めると分かっている人を現場に出すわけにはいかない」と今まであてがっていた仕事を振らなくなり、事務作業ばかり押し付けるようになった。最後には「辞める人にやってもらう仕事はない。給料は払うので会社に来ないでくれ」と言い渡し、そのまま若手社員は退職するはめになった。「かわいがっていた部下の退職で、この上司は逆に憎たらしくなったのかもしれない」と山本さんは振り返る。

●口コミサイトに悪評、採用に支障も

 山本さんの在籍時、この会社では数年間にわたり似たような退職トラブルが頻発していた。同時に、インターネット上では会社のネガティブな風評が出回るように。転職希望者向けのサイトや業界のユーザー向け口コミサイトで、社内事情に通じた元従業員の物と思われる悪口の書き込みが増加した。それらを見てしまった入社希望者が採用面接を辞退するケースも発生。取引先の業者間でも会社の悪評がささやかれるようになり、頼んだ仕事を断られる事態にまで発展した。

 山本さんは「こうした悲しい転職は以前もあったのだろうが、今はSNSなどに書き込んで発信できる場が増えたため転職者たちが泣き寝入りしなくなったのだろう」とみる。その後、この会社では社員の退職手続きについて現場に任せずにできるだけ人事担当者が間に入り、聞き取り調査にも取り組むようになった。「人事が社員の退職手続きに関与していくことで、上司も過激な言動を取りづらくなっているようだ」(山本さん)。

 辞める側だけでなく、辞められた会社側も最終的には事業や採用活動に悪影響をもたらしかねない、こうした退職時のトラブル。転職予定者向けの「退職代行サービス」などが話題になる一方で、そもそもの原因である会社側の「トラブルに陥るような辞めさせ方」を改善しようという動きも始まっている。

●「気持ちよく辞めてもらえるコツ」を企業に指導

 17年創業の人材系ベンチャー、ハッカズーク(東京都新宿区)では、顧客企業に「退職を表明した社員に気持ちよく辞めてもらえるコツ」をアドバイスしている。

 同社の主な事業は、企業を退職したOB・OG(アルムナイ)と、古巣の企業とをweb上のネットワークで同窓会のようにつなぐサービスだ。顧客企業は、ネットワークを通じて元従業員に今度はユーザーになってもらったり、業務の委託や再雇用に結び付けたりもしている。

。現在、顧客企業は大小約10社で、登録した「アルムナイ」は千数百名に上る。以前に在籍していた企業の業務内容や商品を熟知している彼らに、優良な顧客や業務上のパートナーになってもらえるメリットがあるという。

 ただ、社長の鈴木仁志さんによると、サービス初期はこのアルムナイたちが古巣の職場となかなかつながりたがらず、苦戦したという。ネットワークには登録してくれるが、古巣の会社からの情報発信に対して、返答などアクションを取ろうとしないのだ。

 鈴木さんたちが顧客企業などのOB・OG約300人と、辞められた企業側の社員約200人にヒアリングしたところ、浮かび上がったのは「アルムナイ」たちが元いた会社に意外なほどネガティブな印象を抱いているという結果だった。

●「退職予定者は飲み会に誘うな」

 鈴木さんによると、退職者が必ずしもずっと前から会社に不満をためて退職したケースばかりではない。むしろ在職時は職場との関係が良好だったのに、退職表明後に急激にネガティブな感情を持つようになった場合が目立つという。

 例えばよくあるのが「退職を会社に告げた途端、その人への上司や役員の態度が厳しくなる」場合だ。他の社員に上司が「退職予定者は飲み会に誘うな」「退職日に花を渡してはならない」「これから辞める奴と話すな」などと指示していたケースもあったという。社内SNSから外されるなど、業務に支障が出そうな仕打ちを受けたと告白したアルムナイも。「辞めるヤツはこうなる、ということを(残される他の社員に上司が)示したかったのかもしれない」(鈴木さん)。

 鈴木さんは「日本企業は終身雇用が前提だったので、(中途で社員に辞められると)会社側は『新卒で採用した人材への投資が回収できていない』と考える。感情に任せて最悪の結果になってしまう」とみる。

●「花束が小さい……」ささいなことで傷つく退職者

 また、会社側がひどい仕打ちをしたというよりは、退職予定者がほんのささいな退職時の職場の対応に傷つき、急に古巣への印象を悪化させてしまうというケースも頻出した。「(退職時に)渡された花束が他の人の時より小さかった」「エレベーターまで職場の仲間たちが見送ってくれなかった」など、第三者にはそこまで深刻に見えない退職時の違和感を、意外とため込んでしまっている人も少なくなかったという。

 こうして元いた会社への不満や恨みを持ったまま社員が退職した結果、冒頭の山本さんの目撃例のように、企業の事業や採用活動に悪影響を与えるケースも珍しくないという。鈴木さんによると、元従業員が転職口コミサイトにネガティブな情報を書き込んだり、SNS上で元従業員同士による「悪口大会」が開かれることも。メディアに報道されるレベルの内部告発や情報漏えいにつながるリスクも十分考えられるという。

 「以前いた会社に既にネガティブな印象を持っているアルムナイ(同窓生)を、ポジティブに変えるのは非常に大変。『働き方改革は働かせ方改革だ』とよく言われるように、企業側も『辞めてもらい方』を改善すべきだ」と鈴木さんは断言する。

●退職者と上司で「これまでの活躍の振り返り」

 そこで、ハッカズークが顧客企業に指導しているのが「退職面談の際にやってはいけないこと」の研修だ。「退職予定者の席を変える、追いやる」や、「転職先の企業を否定する」といった感情に任せた行動は特にNGだという。

 例えば営業系の職場だと、退職によって人員が減ることで「お前が辞めたせいで営業目標が達成できない」などと上司が感情的になってしまう場合も多いという。そこで退職予定者と上司を交えて行うのが、その社員が入社後どのような仕事をして活躍したかという「振り返り」の話し合いだ。「これは上司のためにやる作業。今は(辞められて)むかついているかもしれないが、『彼は今まで会社に貢献してくれた』とこの上司に思ってもらう」という。

 「50代くらいの、終身雇用が正しいと思って入社してきた世代は、いまだに『会社を辞めることは悪』と思っている傾向がある」(鈴木さん)。経団連やトヨタなど財界のトップたちがこぞって「終身雇用は難しい」と表明する今。それでも中途退職に抵抗感のある上の世代と、転職志向の高まっている若い世代との意識のギャップこそが、こうした転職トラブルの根っこにあるのかもしれない。


関連記事

ITmedia ビジネスオンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索