商品が上下左右に動く「謎の自販機」が、数年後に増えそうな理由

商品が上下左右に動く「謎の自販機」が、数年後に増えそうな理由

 京成上野駅の構内をフラフラしていると、ちょっと気になるモノが目に飛び込んできた。サイネージの画面に、漫画『キン肉マン』のフィギュアやリトグラフ(版画の一種)などが並んでいて、それらの商品が左右にゆっくり動いていたのだ。

 「な、なんだよ、それは。意味が分かんねえなあ」と思われたかもしれない。記者もいくつかの「?」が並んだので、その謎マシーンを触ってみた。すると、スマートフォンの画面のように、スクロールすると商品が上下左右にどんどん流れていくのだ。

 周囲をよーく見ると、ショーケースがあって、そこに『キン肉マン』の商品サンプルが展示されていた。「これ欲しいなあ」となれば、謎マシーンで購入することができるのだ。気になったモノをタップすると、QRコードが表示されるので、それをスマホのカメラで読み取れば終わり。後日、自宅などに送られてくるといった仕組みである。

 マシーン名は「MISE-demo(ミセデモ)」。店舗の企画やデザインなどを手掛けるタッグ(東京都千代田区)という会社が展開していて、京成上野駅に今年3月、1号機を設置した。同社の担当者は「ミセデモは2020年中に、都内を中心に100台設置する」と話していたが、なにもテキトーなことを言っているわけではない。

 今後、他の駅や商業施設、高速道路のSAなどでも展開する予定だという。また大手企業との提携が決まっているので、数年後には「最近、街中でよく見かけるようになったなあ」「そーいえば、この前、ミセデモで商品を買ったよ」といった人が増えているかもしれない。

 ECサイトと自販機が合体したような、これまでになかった“店舗”を設置して、どのようなことが分かってきたのか。また、今後はどんな展開を考えているのか。タッグの湯本健司社長に話を聞いた。聞き手は、ITmedia ビジネスオンラインの土肥義則。

●「世界最強の坪効率」をうたった“店舗”

土肥: 京成上野駅の構内に「世界最強の坪効率」をうたった“店舗”が登場しました。広さは、1畳ほど。商品サンプルを飾るショーケースがあって、「これいいなあ」と思ったら、隣に設置している自販機のタッチパネルを操作することで購入することができる。ECサイトと自販機が合体したシステムは、どういった経緯で開発することになったのでしょうか?

湯本: 当社は40年以上、いわゆる“店づくり”を手掛けてきました。企画、デザイン、設計、施工などを行っていて、これまでどんな店をつくってきたのか。駅の売店、飲食店、携帯電話のショップ、自転車店など、さまざまな業界の店をつくってきました。

 ただ、ECサイトの誕生によって、苦戦を強いられる店が増えてきました。こうした声を聞いていくなかで、会社として何かできることはないかと考えました。これまでにない新しい店舗を開発しなければいけないと考え、VR(仮想現実)を使って商品を購入できる仕組みをつくることに。利用者はマウスを操作して店舗を移動することができ、空間内に陳列された商品を購入できるシステムを開発しました。

土肥: (実際に見て)うわっ、これメチャメチャきれいですね。肉眼で見えないモノも、画面で確認することができる。

湯本: このシステムを使えば、Webブラウザ上に高精密な画像を再現することができる。ただ、問題がひとつありました。時代を先取りし過ぎていたんですよね。世の中の2〜3歩先を歩いていたので、1歩下がることにしました。

 1歩下がるとは、どういうことか。仮想空間だけで買い物をしてもらうのではなくて、リアルに店舗を設置して、不特定多数の人に見てもらうモノにしようと考えました。こうした背景があって、ECとリアル店舗を融合した売り場を開発することに。こうして、「ミセデモ」が完成しました。

●無制限に商品を並べることができる

土肥: ミセデモの特徴を教えてください。

湯本: 広さ0.6平方メートル。狭いスペースでも設置できますが、商品はものすごくたくさん展示することができるんですよね。ヨコにいくつでも、タテにいくつでも。つまり、無制限に商品を並べることができる。気になった商品があれば、それをタップするとQRコードが出てきて、スマホを使ってQRコードを読み取れば、購入することができます。

土肥: でも、それだけだとスマホで十分ですよね。例えば、Amazonのサイトで気に入った商品を買えばいい。

湯本: ECサイトで購入するとき、「実物を見たいなあ」と思ったことはないでしょうか。一度購入したことがあるモノであれば、触らなくても見なくてもいいかもしれませんが、初めて購入するモノはできれば実物を見てみたい。けど、見ることができない。そんな不満を解決するために、ミセデモの隣にショーケースを設置して、そこにサンプルを展示できるようにしました。

 ミセデモの機械を初めて見た人は、「どんな商品が並んでいるのかな」「この商品が気に入った。買おう」と思われるかもしれませんが、この仕組みに必要なのは「サンプル」なんですよね。サイネージの画面にたくさんの商品を並べることも大切なのですが、サンプルを充実させて、お客さんに「これ、欲しいなあ」と思っていただくことも重要なんです。

土肥: 今年3月、京成上野駅に設置しましたが、その前に実証実験を行ったんですよね。

湯本: 2018年8月、空港内にある土産物店で、ミセデモを設置しました。空港で土産物を購入したことがある人は多いかと思いますが、夏休みや冬休みといった帰省シーズンになると、たくさんのお客さんが店内で買い物をしていますよね。商品を購入するためにたくさんの人がレジに並んでいるわけですが、そうした光景を見ると、「うわっ、たくさんの人がいるなあ。時間もないし、違う店で買おう」という人がいるかもしれません。

 実際、そのような人がたくさんいることが分かってきたので、機会損失を回避するために、ミセデモを設置していただくことに。店内で販売している商品を、マシーンでも販売することになりました。

●実証実験の結果「リピート率が高い」

土肥: 実証実験を行って、どのような結果が出たのでしょうか?

湯本: 小さな商品や持ち帰りが簡単なモノは店頭で購入して、重いモノ、かさばるモノ、冷蔵品などは、ミセデモを使って買う傾向がうかがえました。「商品を買いたいけれど、荷物が増えてしまう。帰りのことを考えると、無理だな」といった感じで、購入を控えていた人たちの行動を変えたのではないでしょうか。

 一方、店側にとってもメリットがあったようでして。かさばるモノを店内にストックする必要がなくなるので、店舗での在庫スペースを確保する必要がなくなりました。また、重いモノを品出しする必要がなくなったので、現場で働く人の負担が軽減したそうです。

 ある日、空港内で北海道の物産展が行われたので、ミセデモで産地直送の商品を販売してみました。例えば、葉っぱが付いているトウモロコシや鮮度が求められる魚などを販売したところ、好調に売れました。また、売れたのは“その場限り”ではなかったんです。

土肥: その場限りではない? どういう意味でしょうか?

湯本: 産地直送の商品を購入したお客さんは、満足度が高かったようで、リピート率が高かったんです。サイトに購入履歴が残っているので、ECサイトなどを通じて、再購入する人が多いことが分かってきました。

 また、画面に触れて、実際に購入する成約率も高いことが分かってきました。通常、ECサイトのコンバージョン率は1〜2%と言われていますが、ミセデモの場合、14%もありました。

土肥: ほほー、それはそれは。

湯本: ミセデモを設置することで、店側は人手不足を解消して、売り上げを伸ばすことができるかもしれません。ただ、それだけではなく、空きスペースを解消することもできるのではないでしょうか。これまで何も置いていなかったところに設置することで、新たな収益源を生むことができるかもしれません。

土肥: であれば、飲料の自販機やATMを設置してもいいわけですよね。

湯本: もちろんそーした考え方もできますが、ミセデモの場合、広告効果が期待できるんです。画面は商品を展示するだけでなく、動画も表示させることができる。商品に関連する動画を差し込むことができるので、それを見た人は「ちょっと買ってみようか」「ふーん、こんな商品があるのか」と思ってくれるかもしれません。

●あれこれできそうだが、不安も

土肥: ミセデモの運営は始まったばかりですが、今後どのような展開を考えていますか?

湯本: A駅に設置して、売り上げはどうか。イマイチであれば、簡単に違う駅でも販売できるんですよね。B駅で販売して、売り上げが好調であれば、どういった考え方ができるのか。B駅周辺に住んでいる人との相性の良さが考えられるので、B駅の近辺にリアル店舗を構えてみてもいいかもしれません。

土肥: 実証実験やポップアップショップとしても使えるわけですね。

湯本: 既存の自販機の場合、「値引きをしたいなあ」と思ってもすぐに変更することはできません。ただ、このEC店舗を使えば、簡単にできます。「A駅では夕方5時から」「B駅では朝8時から」といった感じで、さまざまなことを試すことができるんですよね。

 このほかにも、いろいろなことができると思うんです。クーポンを発行して店への誘導につなげたり、閉店後でも商品を展示したり、お客さんの顔や表情を分析してどの商品がよく見られているのかを分析したり。

 いろいろなことができると思うのですが、ワンコインで商品を販売できる仕組みを導入しようと思っているんです。月500円で、1商品を出品できるといった仕組みをできればなあと。京成上野駅で見ていただいたのは『キン肉マン』に関係する商品ばかりでしたが、画面にさまざまな商品が並ぶといった感じですね。

土肥: あれもできてこれもできてといった形で、さまざまな構想を語っていただきましたが、懸念がひとつ。決済はQRコードを導入していますが、そこがネックにならないでしょうか。ICT総研が18年12月に行った調査によると、QRコード決済を利用したことがある人は、4.1%しかいません。この数字を高く見ればいいのか、低く見ればいいのか、判断が分かれるところですが、ミセデモを使ってもらうにはこの数字がもっともっと高くならなくてはいけませんよね。

●右脳で買うことができる方法

湯本: 日本の紙幣は信用度が高いので、QRコードはすぐに広まらないのかもしれません。ただ政府はキャッシュレスを推奨しているので、今後普及すると思うんですよね。環境が整っていくなかで、どこまで普及するのか。現時点で予想できません。

 そんな状況のなかで、当社ができることは何か。これまでミセデモのような店舗はなかったので、ユーザーを育てていかなければいけません。使い方を難しくするのではなくて、どうすれば感覚で購入できるようになるのか。左脳で考えるのではなくて、右脳で買うことができる方法があるのではないか。今後も、その答えを探し続けなければいけません。

土肥: 日本能率協会総合研究所の調査によると、QRコード決済市場は今後も伸びていくようで。2016年度は6000億円ですが、23年度には8兆円に。市場環境は拡大する可能性が高いので、その大きな波にうまく乗れるかどうかによって、ミセデモの普及が左右されそうですね。本日はありがとうございました。

(終わり)


関連記事

ITmedia ビジネスオンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索