緑色の麺は「7年越しの悲願」 幸楽苑とユーグレナが開発した「サステナ食」とは?

緑色の麺は「7年越しの悲願」 幸楽苑とユーグレナが開発した「サステナ食」とは?

 幸楽苑は8月20日、海藻類などの開発・生産を行うユーグレナ(東京都港区)とコラボレーションした商品の「栄養バランスが良いユーグレナつけめん」(税込850円)を発売する。9月1日までの期間限定で、国内全502店舗にて販売する。

 両社は、サスティナブル(持続可能)な飲食業の実現に向けて、体に優しく環境に配慮した取り組みを共同で展開する。今回のユーグレナつけめんは、その第1弾となる商品。

 幸楽苑ホールディングスの新井田昇社長によると「環境・社会・経済の3点から企業価値を向上させていきたい。この観点からユーグレナのビジョンに共感し、今回の共同プロジェクトに至った」とのこと。

 最大の特徴は緑色をした麺。通常の黄色い中華麺に加えて、ユーグレナつけめんには緑色の麺も使用している。「ミドリムシ」として知られるユーグレナと、海藻の一種であるクロレラを使用しており、ビタミンやミネラルを豊富に含む、いわば「サステナ食」だ。ユーグレナの出雲充社長によると「ユーグレナには人間に必要な59種類の栄養素が含まれている」とのこと。今回のユーグレナつけめんにも、ナルト10枚分の鉄分と、小松菜17束分のビタミンB1が含まれているという。スープは、さっぱり系つけめんダレと、魚のだしを使用した節系濃厚魚介つけめんダレの2種類。麺も2玉使用しており、お昼時のサラリーマンや、複数人の女性グループの注文を見込む。

 コラボの構想は7年ほど前にあったが、当時は新井田社長がまだ常務だったこともあり、実現には至らなかった。「お互いの立場も変わり、いいタイミングで実現できた」と両氏は語った。

 また、両氏は今回の取り組みが国連の策定する「持続可能な開発目標(SDGs)」に沿ったものであることを強調。取り組みでは「健康」と「環境」の2点に焦点を当てる。今回のユーグレナつけめんは主に健康を意識したものだ。一方、環境については、「フードロス」を新井田社長は挙げた。各工場や店舗における食べ残しの削減などを念頭に置いており、その他の問題も含めて現在は「協議段階である」という。

 新井田社長は「産業の枠を超えて業界を変えていきたい。自分の中には『やってみないとわからない』という思いがある。そこで、出雲社長となら素晴らしい相乗効果が期待できると思った」とし、「最初で最後となるのではなく、次回以降も(コラボを)検討していきたい」と語った。これに対し出雲社長は、「今回の取り組みの意義はオープンイノベーションにある」とし、次回以降の取り組みにも意欲を見せた。

 販売期間中の売り上げ目標は15万食。売り上げが好調だった場合には、販売期間の延長も検討するという。両社の取り組みは、お客にどのように受け止められるだろうか。


関連記事

ITmedia ビジネスオンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索