次なるブームは? 年代別調査で”ポストタピオカ”に2つの候補が浮上

次なるブームは? 年代別調査で”ポストタピオカ”に2つの候補が浮上

 女子中高生を中心に爆発的な人気を誇っているタピオカ。若い女性にとっては”聖地”とも言える原宿では、タピオカのテーマパーク「東京タピオカランド」がオープンするなど人気は衰えを知らない。しかし、どんなブームもいつかは収束する。では、タピオカの次に来る飲み物とは何だろうか。LINEリサーチが調査したところ、2つの”NEXTタピオカ”が浮上してきた。

 調査は8月、国内の6歳以上の男女LINEユーザーを対象に、スマートフォン上で行われ、サンプル数は28万5170。

●10代に人気の「星空ドリンク/オーロラドリンク」って何だ?

 まず、年代別の調査においては、10代の1位が「星空ドリンク/オーロラドリンク」(23.2%)だった。星空ドリンクは、台湾で流行しているカラフルなグラデーションを楽しめる飲み物。比重の違うお茶やシロップなどの層を重ねることで、カクテルのような色合いになっており”インスタ映え”を狙える商品だ。

 20代、30代の1位はそれぞれ「バナナジュース」(23.9%)と「レモネード」(21.6%)で、シンプルな飲み物が支持される結果となった。バナナジュースは、10代と30代でもそれぞれ19.5%、20.5%で2位を獲得しており、幅広い支持を得ているようだ。

●40代以降は「日本茶ミルクティ」が圧倒的

 40〜60代については、全ての年代で「日本茶ミルクティ」が1位を獲得し、圧倒的な人気を見せた。また、ここでも40代、50代ではバナナジュースが僅差で2位につけており、年齢を問わず支持されていることが伺える。

●総合1位はバナナジュース

 なお、全ての年代を総合した結果、人気1位は全体の19.12%を獲得したバナナジュースだった。ただ、2位の日本茶ミルクティは1位と僅差の19.11%となっており、バナナジュースの”完勝”とは言えない。タピオカの牙城を崩すのは、バナナジュースか、日本茶ミルクティか。


関連記事

ITmedia ビジネスオンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索