マツダも初の量産化 “普及EV”に向かうクルマのカタチとは 東京モーターショー2019

マツダも初の量産化 “普及EV”に向かうクルマのカタチとは 東京モーターショー2019

 10月24日に開幕する「東京モーターショー2019」(11月4日まで)では、電気自動車(EV)をはじめとした電動化技術を目玉とする展示が目立つ。環境負荷低減につながる技術開発が求められる中で、各社とも電動車両を普及段階まで進歩させることに注力している。

●マツダが初の量産EV

 マツダは初の量産EV「MAZDA MX-30」を世界初公開した。発表した竹内都美子主査は「自然体」という言葉を強調。「自然体で自分らしい時間を過ごす」サポートができるクルマを目指す。

 そのため、シンプルで開放感のあるデザインに仕上げた。センターピラーがない「フリースタイルドア」を採用。前後のドアを開けると、開口部が大きく広がるため、クルマの使い方により柔軟性が生まれる。電動化技術「e-SKYACTIV(イー・スカイアクティブ)」を新たに採用し、意のままの操作感と滑らかな動きを融合させることで、自然体で運転を楽しむことができる走りを目指した。

 MX-30は、欧州で10月23日から先行予約を開始し、2020年に発売する計画。丸本明社長は「30年には、発売する全ての車種に電動化技術を搭載したい」と意気込みを示した。

 10年にEV「日産リーフ」を発売し、これまでにグローバルで43万台を販売してきた日産自動車も、新たなEVを披露。「ニッサン アリア コンセプト」と「ニッサン IMk」だ。

 スポーツタイプ多目的車(SUV)のアリアコンセプトは、ツインモーター4輪制御システムを搭載。瞬時に緻密なトルクコントロールが可能な電動モーターを前後に2基設置することで、発進・加速性能を高めた。また、高速道路の同一車線走行のハンズオフを可能にする運転支援技術「プロパイロット2.0」や最新のコネクティッド技術なども搭載している。

 軽自動車クラスのIMkには、プロパイロット2.0を進化させた次世代の運転支援技術を搭載。高速道路から主要幹線道路に利用範囲を拡大し、幅広いシーンで運転をサポートする。中畔邦雄副社長は「軽自動車の概念を一新する」と自信を見せた。

●ホンダ、新電動二輪を20年春発売

 ホンダは20年に日本で発売する後輪駆動のEV「Honda e」を日本初公開。また、四輪車だけでなく、二輪車やエネルギーマネジメント技術を含む、独自の高効率電動化技術の総称として「Honda e:TECHNOLOGY」を発表。電動化技術の広がりを目指す。その一環として、新たなハイブリッドシステムを搭載したモデルを「e:HEV」と定め、今回初公開した新型「フィット」などに展開していく。

 二輪では、電動スクーター「BENLY e:」と三輪電動車「GYRO e:」を初公開。配達などを伴う業務用として訴求していく。バッテリーが着脱式になっていることから、走行後に充電済みのバッテリーに交換するだけで充電が完了する。「いずれは、バッテリー交換ができる拠点を街にたくさん設置し、バッテリーをみんなで使うことを想定している」(担当者)という。「BENLY e:」は20年春の発売を予定している。

 トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」も、EVのコンセプトカー「LF-30 Electrified」を世界初公開。モーターの駆動力制御による車両運動制御技術「Lexus Advanced Posture Control」や4輪のインホイールモーターなど、最新技術が詰め込まれている。「電動化技術を用いた車両基本性能の大幅な進化」を目指して、多くの先進技術を採用した。

 それらの技術を活用して、20年代前半にEV専用モデルやプラグインハイブリッド車を投入。25年には全車種に電動車を設定する計画だ。まずは19年11月にレクサス初のEVを発表し、20年に発売を予定している。


関連記事

ITmedia ビジネスオンラインの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る