コロナ禍の長期化で巣ごもり需要が高まり、家で調理する機会が増えている――。このタイミングの良さも手伝って、シャープが2015年に発売した水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」がヒットを続けている。派手な宣伝戦略を取っていないにもかかわらず、2020年の4〜6月の販売台数は前年比3倍まで急増した。

 何が働く女性のニーズを捉えたのか。開発当初の14年から担当している国内スモールアプライアンス事業部調理技術部の栗原範子技師に聞いた。

●鍋に入れた食材を混ぜる「匠のまぜ技」

 「ホットクック」には3つの技が仕込まれている。1つが温度と蒸気のダブルセンサーにより、微妙な火加減をコントロールすることで、匠のとろ火で焦げ付きの心配がないこと。2つ目が水を加えないで調理する「無水調理」を可能にした鍋の中で蒸気を循環する技術だ。これは電気鍋としては業界初となる。鍋のふたに旨(うま)みドリップ加工がされ、内ふたに蒸気が触れて水分にして食材へ戻すので、普通なら水へと流出する栄養素が食材に残る仕掛けになっている。

 3つ目が、鍋に入れた食材を混ぜるシャープ独自の「匠のまぜ技」。この技術は最初、炊飯器に導入された。鍋の上部にかきまぜる2本の棒状のまぜ技ユニットが内蔵され、タイミングよく食材をかきまぜる。無水鍋のため、鍋の底に食材が入っている状態では強めにまぜる必要があり、ある程度加熱されてくると、今度は緩めにまぜる必要がある。食材の量に応じてまぜる回転数を制御できるので、煮崩れを起こさずに味をしみこませられるという。

 栗原技師に開発の最大の困難は何だったかを問うと「無水調理をウリにしたいという思いと、かきまぜる技術との共存が難しかった。少ない調味料でいかに食材の味なじみをよくするか。そして(食材を)煮崩れさせないか」だったといい、「どのタイミングで、どの程度の強さで食材をまぜるか。このポイントを見つけるのに苦労した」という。

 例えば肉じゃがを普通の鍋で作る場合は、だし汁を相当量入れて作る。一方、ホットクックで作る場合は砂糖、しょうゆ、酒、みりんなど最低限の調味料しか使用しない。そして、加熱する当初は鍋の底にしか水分がない状態のため、まぜ技ユニットで混ぜようとしても硬いじゃがいもはなかなか混ざらないのだ。

 「まぜ技ユニットをどんな風に回していけばいいのかを何度も試行錯誤した。加熱が進むとまぜ技ユニットで混ぜられるようにはなるが、強すぎるとじゃがいもが砕けてドロドロ状態になってしまう。その辺りの力加減を見つけるのに時間がかかった。どのぐらいまぜ技ユニットが回ったのかをコントロールしてパターンを見つけるうちに、ひらめきがあって道が開けた。このノウハウは他社にはマネができない」

●便利な予約、自動調理

 共働きや子育ての必要な家庭は、朝夕は子どもの送り迎えなどで忙しい時間帯だ。それだけに料理にかける時間はできるだけ減らしたいところ。そこで今注目されているのが、家事を省力化し、新たな時間を作り出す「時産家電」で、それを実現させているのがホットクックの予約、自動調理機能だ。予約調理は、朝の出勤前の段階で食材を鍋に入れてできあがる時間をセットしておけば、帰宅したら料理は完成している。

 自動調理は、食材を切って調味料を加え、鍋に入れておきさえすれば自動的に調理してくれる。いわゆる「ほったらかし家電」の1つで、鍋の煮加減などを気にすることはなく、ほかの家事や子育てに時間を割くことができる。3人の子どもがいる栗原技師は「家族に手づくり料理を食べさせてあげたいが、仕事もしなければならない葛藤をしている働く女性に少しでも役立ちたい思いがあった」と話す。

 19年度までのホットクック購入者アンケートによると、ほぼ8割が週2日以上使用、25%はほぼ毎日使っているという。厚生労働省によると、18年の共働き世帯数は1219万世帯にまで増加、専業主婦世帯は毎年減少し600万世帯だ。コロナ禍で「ほったらかし家電」の代表ともいえる自動調理鍋は成長市場になっている。

●価格以上の利用価値

 9月に発売したホットクックの新商品は、最近、ブームになっている低温調理も、ジッパー付き保存袋と、付属の蒸しトレイを使ってできるようになった。低温調理は肉類の場合、50度から65度程度を維持しながら1〜2時間も調理しなければならないため、難しいとされてきた。肉類は50度を超えるとタンパク質の変性が起きるため、肉が硬くなってしまいがちだった。

 しかし、ホットクックを使えばきめ細かい温度管理が可能なため、簡単に低温調理ができる。さらに新商品では、鍋に汚れがこびりつきにくく、手入れが簡単なフッ素コート内鍋を新たに採用したため、料理の後片付けも楽になった。

 ただ、他社の自動電気鍋が3〜5万円程度なのと比較して、ホットクックは数万円高い。最新の2.4L(リットル)タイプは7万円もする。栗原技師は「価格が高いという声はよく聞いているが、ユーザーが価格に見合うだけの利用価値を認めてくれているから売れているのだと認識している」と指摘した。

 それを証明する実績数字も出ている。ホットクックの年間販売台数は、15年度は約3万台だったが、18年度は約6万台に伸び、19年度は前年度比約1.7倍の約10万台を記録、9月末には累計で30万台を達成したという。

●メニューの幅を広げる

 ホットクックは、これまで広告をあまり打ってこなかったが、その便利さが口コミやSNSなどを通じて広がり、働く女性層に浸透してきている。

 経済評論家の勝間和代さんは3台のホットクックを使うヘビーユーザーだ。料理イベントなどに出演して、ホットクックを使う料理は、普段の料理よりも少ない糖分や塩分で調理できるためおいしく健康的でダイエット効果が期待できることや、デパ地下やスーパーで何度も総菜を買って帰ることを考えれば、ホットクックの価格は数カ月で十分ペイする、と評価している。

 利用者数が増えたことで、公式ファンコミュニティー「ホットクック部」も立ち上げた。現在、購入者のうち約3000人が加入し、ユーザーからはオリジナルレシピの投稿などが多く寄せられているという。現在、ユーザー投稿レシピからセレクトしたメニューをダウンロードしてホットクックで自動調理が可能だが、今後はユーザー投稿レシピのダウンロード数を増やしたいとしている。

 新しいメニューを探したいとき、PCやスマートフォンからクラウドに接続すれば、ブラウザのレシピサービス「COCORO KITCHEN」や「ホットクック部」が提供する新しいレシピを見つけることができる。

 管理栄養士の資格も持っている栗原技師は「私がホットクックで最も多く作るメニューが無水カレー。肉じゃがや筑前煮といった和食メニューでも簡単にできる。今後はメニューを増やし、ホットクックの使い勝手をさらに改善したい。利用者をさらに拡大し、台所の生活必需品に進化させたい」とさらなる開発意欲を見せている。

 料理は家内任せで、おいしそうな総菜が店に並んでいれば買ってしまいがちな筆者にとって、そんなに便利な調理家電ならば使ってみようかとも思う。栗原技師が言うように、忙しいときは自動調理で済ませ、休日など時間があるときは品数を増やしたり、新しいホットクックメニューに挑戦したりすれば、料理にメリハリをつけることもできる。

 「男子厨房に入らず」という孟子から来た故事があるが、今の時代はこれほど簡単に調理ができるのであれば「男子厨房に入るべし」となりそうだ。(中西享、アイティメディア今野大一)