新型コロナウイルスの感染拡大により就職活動が制限される中、オンラインで情報を収集する多くの学生はどんな企業に注目しているのだろうか。社員の口コミ情報を提供するWebサイト「OpenWork」に登録している2022年卒業の学生ユーザーを対象に、検索された企業を集計した結果、男子学生はNTTデータが1位、女子ではニトリが1位という結果になった。

 男女別にみると、男子の注目企業1位はNTTデータ、次いで2位にアクセンチュア、3位ソニーとなった。高給で有名なキーエンスも上位にランクイン。NTTデータは女子でも2位にランクインし、注目の高さがうかがえる。女子の1位は小売り大手のニトリとなり、NTTデータ、オープンハウスと続いた。一方、コロナ禍の影響を受けたレジャー系企業、航空会社はランク外となった。

 文系理系別では、文系学生の注目企業1位は全ランキング上位に入ったアクセンチュア、2位には不動産業界からオープンハウスがランクインした。理系学生では1位がNTTデータ、2位にソニー、3位日立製作所と続き、トップ20位には大手メーカーのランクインが多くみられた。また、22年卒から理系学生の学校推薦廃止を発表したトヨタ自動車も8位に入った。

 データは転職・就職のための情報口コミサイト「OpenWork」に登録している22年卒業の学生ユーザー約13万人を対象に、検索企業を集計した