ビジネスパーソンの6割以上は、相手の歯並びや黄ばみが気になったことがある――。そんな結果が、歯科矯正D2Cブランドを提供するOh my teeth(東京都渋谷区)の調査で判明した。「良い歯の日」である4月18日にちなみ、20代〜50代のビジネスパーソン1208人を対象に実施した。

 歯について悩みやコンプレックス(歯並び、歯の色、歯の汚れなど)があるかの問いに、70%の人がコンプレックスがあると答えた。どのようなコンプレックスがあるかについては、「歯の色(黄ばみ、色むら)」と答えた人が最多で60.2%、次いで「歯並び」が54.0%、「歯の汚れ(ヤニ、歯石)」が32.0%だった。虫歯や歯周病など歯の機能面よりも、見た目に関するコンプレックスが多いことが分かる。

 歯についてコンプレックスが「ある」と答えた人を対象に、マスク着用の生活はメリットとデメリットどちらが大きいかを尋ねたところ、64.1%が「メリットの方が大きい」と答えた。「肌荒れ」や「息苦しい」など、一見デメリットが大きく感じるマスク生活だが、口元を隠せるため、歯のコンプレックスを隠すメリットは大きいようだ。

 また、商談中やビジネスシーンにおいて、相手の歯並びや黄ばみが気になったことがあるかどうかを尋ねたところ、「どちらかと言えばある」、もしくは「ある」と答えた人が57.3%に上った。

 相手の歯並びや黄ばみが気になったことが「ある」もしくは「どちらかといえばある」と回答した人に、それを指摘したことはあるか聞いたところ、18.6%が「ある」と回答。逆に、指摘されたことがあるかどうかの問いには、29.1%が「はい」と回答。

●歯医者に求めるものは?

 どのような関係性の人に指摘されたのかについては、「両親」の34.8%が最多、次いで「パートナー」が27.9%、「友達」が25.1%となった。一方で、「上司」が8.8%、「同僚」が11.4%、「部下」が10.0%、「取引先」が4.8%など、仕事関係の人からの指摘も35.0%になることが分かった。また、歯並びや黄ばみで相手の印象は大きく変わると思うかの問いには、81.0%が「はい」と答えた。

 また、歯医者に求めるものについて尋ねたところ、「通院回数を減らしてほしい」が44.6%で最多、次いで「値段が不透明のため開示してほしい」が36.8%、「ネット予約に対応してほしい」が33.7%という結果になった。ユーザーは通院や予約の手間を減らしてほしいと考えていることが分かる。

 コロナ禍で必須となったマスク着用で、口元を隠すことができコンプレックスは緩和された一方、感染を避けるため歯医者から遠ざかっている人も多い。

 日本歯科医師会は、「歯科医療現場では、日ごろからマスク、ゴーグルなどの感染対策を徹底し感染予防策を講じることで、これまで歯科医療を通じての感染拡大の報告が無いとの結果を得ている。自粛下での不規則な生活による歯周病の発生や重症化と、それによる全身の健康状態の悪化が危惧されている」とコメントした。