ホテルマネージメントジャパン(東京都渋谷区)は5月12日、運営するヒルトン東京お台場(東京都港区)で、アウトドアブランド「Coleman(コールマン)」とコラボレーションした「お部屋 de キャンプ Collaboration with Coleman」を展開すると発表した。コロナ禍でアウトドア人気が高まる中、都心のホテルでキャンプ気分を味わえるサービスとして訴求する。

 同サービスでは、客室にコールマンのシェード、椅子、テーブル、たき火台などの製品を設置。キャンプの雰囲気を演出した。また特典として、朝食ビュッフェとドリンク6種類をコールマンのクーラーボックスに入れて提供するルームサービスなどを用意した。

 予約期間は5月12日〜12月9日で、宿泊期間は5月15日〜12月12日。1日1室限定で料金は1室2人で7万9428円から。

 ヒルトン東京お台場ではあわせて「シースケープ テラス・ダイニング Collaboration with Coleman」を開設した。テラスでバーベキューを楽しめるサービスで、会場にはコールマンの“木製ビッグランタン”を設置。また、テーブルや椅子、プレートなどもコールマンの製品を使用し、セットのグリルプレートでは、好みに合わせてシーフードかミートを選べるようにした。

 期間は9月30日までで、料金は2人で1万1000円。ランチ、ディナー共に2組限定とする。なお、自粛要請に伴い5月31日まではアルコールの提供は行わない。