新型コロナ感染拡大の影響で、故郷や地方へ移住して仕事をすることに興味をもっている人はどのくらいいるのだろうか。20〜50代のビジネスパーソンに聞いたところ、29.2%が「地方転職に興味がある」と答えていることが、パーソルキャリアの調査で分かった。

 内訳をみると「興味があり、すでに移住している」は2.6%、「興味があり、前向きに検討したいと思う」は7.9%、「まあまあ興味がある」は18.7%。

 「興味がある」という人を年代別にみると、20代は37.0%、30代は30.2%、いずれも全体平均の29.2%を上回った。また、20代は「興味があり、すでに移住している」(3.3%)、「興味があり、前向きに検討したいと思う」(12.5%)も、他の年代と比較し最も高い結果に。

 「近年、価値観の多様化や支援制度などが整備されたことにより、地方で暮らすことを選択する人が増えてきているが、コロナ禍によりその傾向がより一層高まったことがうかがえた」(パーソルキャリア)

●故郷や地方で働く理由

 これまでに都市部から地方や故郷に転職した経験(転勤を除く)がある人に、その理由を聞いたところ「実家がある」(44.9%)がトップ。次いで「自然にあふれた魅力的な環境」(20.9%)、「都会の生活に疲れた」(20.5%)。

 生活の満足度が「上がった」人からは「家賃が安くて部屋が広い」「長時間の電車通勤がない」など地方の生活コストの低さを挙げる声があった。また「食べ物がおいしい」「店やサービスを受けられる場所がコンパクトにまとまっているため効率的」といった意見も。

 一方、生活の満足度が「下がった」人からは「給与水準が低い」「利便性の高い都市部での生活に慣れていたので、地方の不便さを強く感じてしまった」など不満の声もあった。

 インターネットを使った調査で、20〜59歳のビジネスパーソン1万5000人が回答した。調査時期は2020年8月。