コネクテッドコマース(東京都渋谷区)は、NTT東日本と技術面で連携したAI(人工知能)カフェ「AZLM CONNECTED CAFE(エイゼットエルエム・コネクテッド・カフェ) 渋谷地下街店」を7月1日に渋谷スクランブル交差点下の商店街「しぶちか」にオープンする。

 「AZLM」とは「From A to Z , Live Marketing」の頭文字を引用。同社によると「あらゆる商品をライブでマーケティングできる未来型のカフェ」を意味しているという。ドリンクや軽食の販売に加え、全国から集めた逸品約300点を展示し、見て、触って、試せる機会を提供する。

 店内では、国内のバリスタが監修したスペシャリティコーヒーや、最新のエスプレッソマシンを使ったオリジナルドリンクを提供する。価格はコーヒーが99円、オリジナルドリンクは111円とし、利用者が仕事帰りやショッピングの合間に立ち寄れる日常空間を目指す。

 決済方法は、「Amazon Pay」を活用した完全キャッシュレスとした。また「Amazon Alexa(アレクサ)」による音声注文、タブレットやパーソナルロボットを利用したお客への案内、ECサイトと連動した展示品の販売などを行う。

 ディスプレイスペースの出展者は専用フォームで募集する。事務局の審査を経て出店可能とし、月額3万3000円で貸し出す。

 店舗ICT環境の構築やデータ解析、AI技術基盤はNTT東日本が提供する。店内の人流や来店者の展示商品への興味関心といった店内行動データを匿名化した上で解析し、人間の能力を補強するデータ(コグニティブデータ)として出店者へフィードバックする。

 両社は今後、AZLM CONNECTED CAFEを百貨店や駅ビルなど、商空間を保有している事業者へ向けてフランチャイズ展開を進める考えだ。将来的には、車やアパレルなどさまざまな商品が展示できる大型店の出店も想定し、2031年までに全国2000店の展開を目指す。