ローソンは6月18日、新しい総菜シリーズ「マチのデリ」を東京都や大阪府など1200店舗で展開すると発表した。都市型店舗に顕著なニーズに個別対応するのが狙いで、6月22日から順次販売を開始する。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、「自宅での調理疲れ」を感じる消費者が増えている。また、女性客を中心に「自分が好きなものをちょっとずつ自由に組み合わせて食べたい」というニーズが高まっていると同社は分析。自分や家族の健康を気遣う人も増えていることから、小容量かつサラダを中心とした品ぞろえとした。

 事前調査で魚介類を求める声が多かったことから、「タイ風春雨サラダ」(248円)や「海老といかの明太子サラダ」(330円)などを用意した。後者は、隠し味にチーズソースを加えてコクのある味わいに仕立てている。

 また、野菜をしっかりとりたいというニーズに対応するため、ひじき、ごぼう、れんこん、ひよこ豆などを盛り付けた「ひじきとごぼうのファイバーサラダ」(248円)や、ブロッコリーとダイスチーズをバジルソースで和えた「トマトとチーズのカプレーゼ風」(288円)も販売する。具材の多さや調理工程の複雑さから、「自宅で調理するには面倒」と感じやすい商品を中心にしている。

●エリアや街にあった個店展開を目指す

 新しい総菜シリーズは、関東・近畿の1都2府4県(東京都、神奈川県、千葉県、大阪府、京都府、兵庫県)で展開している店舗の約2割にあたる1200店舗で販売する。その狙いについて、ローソン執行役員の大谷弘子氏は、「全国一律の店舗づくりではなく、エリアや街にあった個店最適を目指すため」と説明する。

 これらの店舗は、全国のローソン店舗の中でも、「コロナ禍」「リモートワーク」「飲食店の時短営業」の影響を特に受けている。外食機会が減る一方、「料理に時間も手間もかけられない」というニーズを持つ女性客が多いのが特徴だ。新商品のサラダはおにぎりやスープなどと一緒に購入してもらうことを想定している。

 コロナ禍の影響で、自宅で過ごす時間が長くなり、「家飲み」需要が高まった。そこで、ライバルのセブン‐イレブンは酒売り場を拡大するとともに、おつまみなどを隣に置く店舗を増やしている。

 コロナ禍で消費者の行動が大きく変化したことを受け、コンビニ各社は新しい取り組みを着々と進めている。