求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、手取り15万円の男女500人を対象に実施した「手取り15万円できついと思うことに関する意識調査」の結果を発表した。

 まず「手取り15万円でキツイと思うのはどんな時か」と尋ねたところ、1位は「欲しいものを買えない」(124人)、2位は「貯金ができない」(81人)、3位は「イレギュラーな出費への対応」(68人)、4位「生活費を払うと給料が残らない」(64人)、5位「常に予算を気にする」(38人)という結果になった。

 1位の「欲しいものを買えない」と回答した人からは「自分の好きなゲームの続編が出たものの、ギリギリで生活しており買えないとき」(20代男性)、「友達が持っているようなブランド品やデパコス(百貨店で販売する化粧品)なんて到底買えない」(30代女性)といったコメントが寄せられた。

 2位の「貯金ができない」と回答した人からは「引っ越したいのに、なかなか貯金がたまりません」(20代女性)、「生活がかつかつで貯金が全くできません」(30代女性)という意見があった。

 次に「理想の手取り額はどのくらいか」と質問したところ、理想の手取り額の平均は27.9万円だった。

 多くの人が20〜30万円を理想としており、「最低20万円は欲しい」「多いほどいいが、現実的には30万円あれば助かる」といった希望が寄せられた。

 最後に「いま転職を考えているか」と尋ねたところ、「転職活動中」「考えている」「少し考えている」と回答した”転職を検討している人”が、合計67.6%との結果になった。

 「転職を考えている」人からは「もっと手取りを増やして余裕のある生活をしたいため」(20代女性)、「手取りが低くて、家族を養っていけないから」(30代男性)といった意見があった。

 一方「転職を考えていない」人からは「正社員だが時間はあるので、今のところは副業でしっかり稼いでいければいいかと考えている」(20代女性)、「スキルがないし、転職しても今よりよくなる可能性は低いと思うから」(30代男性)というコメントが寄せられた。

 調査は6月24日〜7月7日にインターネットによる任意回答で実施。手取り15万円の男女500人(女性347人/男性153人)を対象に行った。