東急電鉄は7月30日、田園都市線の地下区間5駅を対象としたリニューアルプロジェクト「Green UNDER GROUND」を開始すると発表した。プロジェクトの第1弾として同日、駒沢大学駅のリニューアル工事に着工した。

 対象となる駅は、田園都市線の池尻大橋駅・三軒茶屋駅・駒沢大学駅・桜新町駅・用賀駅の地下区間5駅。開業後40年以上が経過した田園都市線の同区間をリニューアルし、「訪れた人が心地よく、ワクワクする体験ができる空間」を目指すとしている。

 駒沢大学駅のリニューアルコンセプトは「UNDER THE PARK」。都立駒沢オリンピック公園の最寄り駅として、「公園とともにあるライフスタイル」をイメージしたデザインを取り入れ、広がりを感じられる空間を創出する。トイレの改修やエレベーターの新設も進め、バリアフリーの拡充も図る。また、東口・西口に接続するビルや駅構内では、お客の利便性向上と街の魅力を生かした駅機能やサービスを導入し、新たな駅の在り方を目指す。

 同駅のステーションカラーである緑色の壁面タイルや床材など、既存材を最大限生かした計画を進め、廃棄物削減にも取り組む。また、空調設備改修では、CO2排出量の削減など、設備の性能を確実に発揮できるよう確認・検証・適正化する「プロセスコミッショニング」を導入。設備を常に監視し、故障の兆候が見られた段階で修理・更新する「CMB」を推進し、効率的な運用を行うとしている。これらの施策により、改修後のCO2排出量は年間で約260トン削減される見込み。