大東建託は、高知県に住む成人男女が対象の居住満足度調査を行い、その結果を発表した。「住みここちランキング」1位は、2020年調査と同じ「いの町」だった。

 居住者は「いの町」について、「高知市内へのアクセスが良い。電車、バス、JRなど、公共交通機関があるところがいい」(26歳女性)、「自然がいっぱいで、海、山、川どれをとっても素晴らしい」(61歳女性)、「キレイな川や山が近くにあるので、アウトドアが楽しめる」(56歳女性)とコメントした。

 2位も昨年と変わらず県庁所在地の「高知市」がランクイン。自治体担当者は「海・山・川が都市の近くにあり、豊かな自然環境と便利な生活の両方を実感できる」としている。教育・医療・福祉・文化・娯楽も充実している点が支持された。

 3位も変わらず「香美市」だった。高知県の東北部に位置し、物部川とその支流はアメゴ、アユの釣り場であり、カワセミやホタルなども観察される。紅葉で名高いべふ峡や轟の滝(日本の滝百選)、日本有数の鍾乳洞である龍河洞もあり、自然を感じられることが特徴だ。

●高知県民の住みたい街ランキング

 「住みたい街ランキング」は、21年からランキング集計対象を四国全体に拡大した。1位は前回と同じく「高知市」、2位は初登場の「松山市」、3位は前回2位の「高知県南国市」だった。

 一方で「住みたい街が特にない」(53.5%)、「今住んでいる街に住み続けたい」(24.7%)と、回答者の約8割が今住んでいる街を評価していることも分かった。

 今回の調査は、19〜21年に合計2142人を対象にインターネット上で実施した。住みここちランキングの回答者数は2142人。また、住みたい街ランキングは21年調査における679人の回答を集計した。