オンライン旅行予約サイトのエクスペディアを運営するベックストラベルジャパン(東京都港区)は、夏季休暇にあたる2021年8〜9月と、年末年始休暇にあたる21年12月〜22年1月に、エクスペディアの日本サイトで検索されている旅行先を調査した。その結果、夏は国内の旅行先を、年末年始は海外の旅行先をそれぞれ検索している人が多くいることが分かった。

 日本で21年8〜9月で検索された旅行先は、1位が沖縄、2位は東京、3位は北海道(札幌、ニセコを除く)だった。10位以内が全て国内という結果に。現在、海外旅行をするのが難しいことから、多くの人が夏休みに向けて国内の旅行先を調べていた。

 しかし、年末年始の検索ランキングでは、1位がオアフ島(米国)、2位が沖縄、3位がバンコク(タイ)と続いた。10位以内にはシンガポール、バリ、台北、プーケットと、合計6つの海外旅行先がランクインした。渡航制限が解除される時期は不透明な情勢だが、ワクチン接種が進むであろう年末年始には海外旅行をしたいという意欲が表れる結果となった。

●海外の検索ランキングは?

 海外旅行者数が増え始めている米国では、メキシコのカンクンが夏休みで2位、年末年始で1位だった。

 ヨーロッパにおいては、スペインのマヨルカ島が夏休みの旅行先として人気で、ドイツとフランスでランクインした。年末年始では、モルディブがイタリアで1位、フランスで2位、ドイツで4位だった。

 オーストラリアは国内のビーチリゾートであるゴールドコーストが、韓国では済州島が、それぞれどの季節でも1位となった。

 世界的にも、季節に関係なくビーチリゾートで過ごしたい人が多いことが分かった。

 また、東京はアジア各地で人気の高い旅行先だった。シンガポールや香港では、年末年始の検索ランキングで2位だった。

 今後、新型コロナウイルスの感染状況が落ち着き、入国制限がなくなれば、これらの地域からインバウンド需要が期待できる。コロナ禍で落ち込んだ観光業の回復につながるか、注目が集まる。