トヨタ自動車は8月2日、新型ランドクルーザー(300シリーズ)を発売した。2007年に導入した従来型(200シリーズ)から14年ぶりとなるフルモデルチェンジとなる。

 ランドクルーザーは、1951年8月に「TOYOTA BJ型」として誕生。これまでに世界170の国と地域で累計約1060万台販売し、年間販売台数は30万台以上となる。

 新型ランドクルーザーは、「信頼性・耐久性・悪路走破性」は進化させつつ継承し、世界中のどんな道でも運転しやすく、疲れにくい走りの実現を目指し開発。高い剛性を確保しつつフレームやボディを改良し、車両として約200キロの軽量化を実現した。

 プラットフォームの刷新に伴い、ハイマウント・ダブルウィッシュボーン式(フロント)とトレーリングリンク車軸式(リヤ)のサスペンションを新たに開発。特にリヤサスペンションは、ショックアブソーバーの配置を最適化し、乗り心地と操縦安定性を向上させた。また、サスペンションアームの配置変更により、ブレーキング時にも安定した車両姿勢を維持するとしている。悪路での走破性を向上させるため、タイヤの浮きづらさも向上させた。

 悪路での耐久性と時代のニーズに適合させるため、操舵アクチュエーター付パワーステアリングを採用。低速時の取り回し向上が期待できるほか、悪路走行時のショック(キックバック)を低減するとしている。また、「ZX」「GR SPORT」「VX」には電子制御ブレーキシステムを標準装備した。

 搭載エンジンは、いずれも新開発となるV型6気筒ツインターボエンジン(3.5リッター ガソリン・3.3リッターディーゼル)の2種類。従来型との比較で、車両使用時の年間CO2排出量を、グローバルの全台数分で約10%低減できる見込みだという。

 車体外形は全長・ホイールベースなどのボディサイズやアプローチアングル、デパーチャーアングル、ランプブレークアングルは従来型を踏襲。オフロード走破性にもつながる扱いやすさを継承した。

 室内は、フロント着座位置を後方に移動しつつ、セカンド・サードシート構造・配置を見直した。居住性や荷室容量の向上と衝突安全性能を両立させる狙いがあるとしている。また、サードシートをフロア格納式とし、荷物をより積みやすくした。

 エクステリアは、ステーションワゴン型の歴代ランドクルーザーの伝統を追求。キャビンを後ろ寄りに配置する「キャビンバックワードプロポーション」とした。

 また、ラジエーターグリルをヘッドランプとともに高い位置に配置。前後バンパーの下部も障害物をかわすような造形とするなど、オフロード走行時の機能性を重視したデザインにこだわった。エンジンフードには大きなへこみを設け、衝突安全性能と前方視界の両立を図った。また、外板色としてプレシャスホワイトパールを新設定した。

 インテリアは、オフロード環境でも、よりスムーズな運転操作や快適さを実感できる環境の創出にこだわった。インストルメントパネル上部は水平基調とし、過酷な路面変化の中でも車両姿勢を把握しやすい形状とした。メーターは6針式を採用し、各種スイッチ類は、走行・駆動系、オーディオ系、空調系など、機能ごとに集約して配置した。

 セキュリティ面では、トヨタ初となる「指紋認証スタートスイッチ」を採用。スマートキーを携帯し、ブレーキを踏みながら指紋センサーにタッチすると指紋情報と照合、一致しなければエンジンが始動しない機構とした。

 メーカー希望小売価格は、510万〜800万円。グレードは「GX」「AX」「VX」「ZX」「GR SPORT」を用意した。