コロナ禍によってライブ・エンタテインメント市場は壊滅的な影響を受け続けている。ぴあ総研は「2020年の音楽フェス市場は98%が消失した」との調査結果を発表した。数多くの音楽フェスが中止や開催規模を縮小したため、20年の音楽ポップスフェスの市場規模は、前年比97.9%減の6.9億円へと激減。動員数も、9.3万人(前年比96.8%減)と大きく落ち込んでいる。

 そんな中、奮闘しているのがポップカルチャーフェス「@JAM」の総合プロデューサーを務める橋元恵一さんだ。橋元さんはソニーミュージックグループに在籍し、絢香さん、ケツメイシ、山崎まさよしさんなどのビジュアルプロデュースを務めた経験がある。

 国内を代表する多くのアーティストに関わりながら、波に乗っていた橋元さんは42歳の時に異動を命じられ、ひょんなことからアイドル業界の仕事に飛び込むことになった。その後10年間、橋元さんはアイドルフェスやグループのプロデュースを一から進め、今やアイドル業界で有数のポップカルチャーフェス「@JAM」の総合プロデューサーを務めている。

 インタビューの前編では橋元さんが42歳まで取り組んできたビジュアルプロデュースの舞台裏と、突然の異動を命じられた中で何を考えたのかを聞いた。

●絢香、ケツメイシ、山崎まさよしを担当

――現在の仕事に就く10年前、2010年当時は、どんな仕事をしていたのですか?

 ソニーミュージックのグループ会社ソニーミュージック・コミュニケーションズ(現ソニー・ミュージックソリューションズ)という会社で、代理店的な仕事をする部門にいました。主にクリエイティブを軸にした業務で、ソニーミュージック以外のレコード会社との仕事が中心の部門でした。

 ソニーグループにいながら、エイベックスやユニバーサル、ワーナーやトイズファクトリーなど、他社のレコード会社のビジネスのサポートをする、ちょっと変わった仕事だったんです。「何でソニーがエイベックスの仕事やるの?」と思われるかもしれませんが。

 例えば他社のレコード会社からデビューするアーティストのクリエイティブを一緒に作ったり、既存のアーティストの新プロジェクトのクリエイティブを担当したり……そういう仕事を受けるチームにいました。結果、入社から17年間は、ずっと他社のレコード会社の人との仕事に携わってきました。

――プロフィールに「絢香、ケツメイシ、山崎まさよし、RAG FAIRのクリエイティブを担当」とありますが、具体的にクリエイティブというのはどういう仕事なのですか?

 例えばデビュー前のタイミングで「このアーティストを秋にデビューさせます。楽曲はこういった方向で、ターゲットは〇〇で……」などとまずは話しを聞きます。それを受けて、どのようなクリエイティブにしていくか、デザイナーを誰にして、どういったデザインにするか。スタイリストやメークはどうするのか。MV(ミュージックビデオ)の作品の方向により、どの監督に依頼するのか。コンサートの衣装はどうするか。そうした一連の流れを作っていく仕事をしていました。

――いわゆるプロデューサーとも違うわけですか?

 当時は、ビジュアルプロデューサーという肩書でした。ですので、楽曲自体に関わったり、プロモーションをする担当ではなく、あくまでビジュアルにかかわるもの、そのアーティストの見え方や見せ方を提案して、物理的なモノに変えていく作業をずっとしていました。

――その仕事の中で、一番印象に残ったのはどんなものでしたか?

 やはりケツメイシですね。デビューから10年間担当し、多くの作品に関わらせてもらいました。特に印象深いのは「さくら」(2005年)というシングルのMVです。あの作品は今でも強く印象に残っています。

●メガヒット制作の舞台裏 予算の大半をMV制作に充てた

――ケツメイシの「さくら」というと、ファッションモデルの鈴木えみさんがMVに出演していましたね。あのMVはどんな背景で制作したのですか?

 当時のケツメイシは、デビューから音楽好きな若者を中心に火がつき、どんどんと盛り上がってきていましたが、誰もが知っているアーティストではなかったのだと思います。そんな中、「さくら」という誰が聴いても心に残る素晴らしい楽曲が出来上がりました。メーカーとしても、この曲を勝負所として、いかに多くの人に伝えていけばいいのかを、当時の(アーティストの発掘・契約・育成と、そのアーティストに合った楽曲の発掘・契約・制作を担当する)A&Rと何日も検討を重ねました。

 その結果、この作品のメッセージをMVに集約して届けようとなり、全体予算の大半をMV制作に充てることになったのです。これはある意味“賭け”でしたが、それを受けて動き出しました。

――曲の良さを映像によって訴求しようとしたわけですね。

 ケツメイシのメンバーたちともミーティングを重ねて、どのようにすべきかのアウトラインが出来上がっていきました。ケツメイシのメンバーから、当時の雑誌『PINKY』(集英社が発売していた10代後半から20代の女性向けファッション雑誌)の専属モデル、鈴木えみさんを起用しようと提案があり、相手役は萩原聖人さんになりました。

 この2人で、「さくら」という曲の中で語られるストーリーをビジュアルに変えていくことになりました。脚本は、当時のフジテレビ月曜9時枠のドラマなど数々の作品を手掛けるヒットメーカー岡田惠和さんに書いてもらい、それを基にMVを作っていきます。普通は1日で撮影すれば十分なことが多いのですが、この時の撮影は3日間に及びました。

――通常では考えられない予算をかけた上に、撮影日数も多くかけたのですね。

 今は、デジタルのカメラで普通に撮ってしまいますが、当時は映画用の「35mmフィルム」を使い、クオリティーにもお金をかけて進めました。撮影が1月だったので、MVに出てくる桜の木も実際に作ってしまいました。東京・八王子の土手に埋めていて、夜中に誰かに桜を壊されると困るので、警備スタッフを24時間体制で置くなど、大掛かりなプロジェクトになってしまいました。

――ゼロから作っていく大変な作業ですね。絢香さんの「三日月」も当時大ヒットしましたし、MVも印象的なものでしたが、同様に工数をかけた仕事だったのですか?

 そうですね。絢香の「三日月」では本当に5メートルほどの電灯を作ったんです。本人にはその電灯の上に座ってもらい、歌ってもらいました。それをクレーン車から撮りました。「CGでいいじゃない」と思われるかもしれませんが、やっぱりリアルさを出したかった。監督たちと共にリアルさにこだわったことで、すてきな表情や画が撮れたのではないでしょうか。

――おおがかりな仕事でしたね。橋元さんの仕事に対する評価や、プロジェクトの成功を測る指標とは何だったんですか?

 私たちが作ってきたものに正解はなくて……結局は曲の力だったり、アーティストのパワーだったり、そういうものがヒットするか否かに起因しているわけです。私たちは、曲やアーティストに、ちょっとしたキッカケを与えるだけです。MVでいうと、多くの人に見てもらいやすい作品を提供しただけで、皆さんが本当に共鳴したのは楽曲の良さなわけなので、そこに私たちの仕事に対する答えはありません。

 とはいえ、ヒットが出ればアーティストのブランドが上がることになります。ですから、そういった視点では私たちの仕事に意味があったかどうかの答え合わせをする方法はあったかもしれませんが、突き詰めていえば勝ち負けがはっきりしないビジネスであることも確かでした。

 私たちの仕事に対して対価を頂く意味でいうと、MVを作ったら、制作予算(経費)から、プロデュース費を頂くわけです。ヒットしなかったから返してくれとか、値引きしてくれといったことはありません。「動いた分だけ頂く」。そういうビジネスをずっとしてきました。

●「さくら」はストーリーもののMVの走りだった

――「さくら」のMV制作から発売まで苦労も多かったのではないですか?

 徹夜続きでほぼ寝ないで作った記憶があります。1日2時間ぐらいしか寝ていなかったかもしれません。

 通常CDは、発売1カ月ほど前をめどにジャケットを作り、その前後に音源も完成するのですが、MVの撮影や制作はそこから始まるんです。楽曲が出来上がらないとMVは作れない。ですので、楽曲ができてから限られた間に、いかに早く作るか。ここが重要になります。 

 「さくら」の場合、2月16日が発売日だったのですが、1月に撮影し、出来上がりが1月の終わりから2月の頭でしたので、そんなに時間をかけられませんでした。

――そのような事情は一般にはあまり知られていませんね。以後の作品はどうだったのですが?

 スケジュール的なことはどのアーティストにも当てはまる話しですが、ケツメイシの場合は、ストーリーもののMVの走りだったと思うので、以降もやはりストーリーもので作ることが多かったです。

 例えば「旅人」(2006年)という曲では、俳優の岡田義徳さんが、彼女との別れや仕事との向き合い方を経て、自分を見直す旅に出るのがテーマでした。メンバーとの話し合いで、小説『世界の中心で、愛をさけぶ』(小学館)をヒントに、「じゃあエアーズロックに自分探しを」となれば、急きょそこからオーストラリアに行く企画を立てたりもしました。

 2泊3日でオーストラリアに行って、撮影して帰ってくる。フライト、移動、宿泊、撮影などの工程をどう進めるか。そういうことを中心となってまとめていく仕事でした。撮って、帰って、戻ってからも、今度はお芝居のなかで帰ってきたシーンを撮るために関西空港を貸し切ったりと、いろいろなことをやりました。

――MVにはテーマ設定が重要な要素になるのですね。「さくら」のMVはどういうコンセプトだったのでしょうか?

 まさに、切なく、淡いラブソングです。あの曲自体が過去の恋愛、大切に思っていた人と離れ離れになっても「あなたのことを思っています」というような歌詞でした。それをより具現化して可視化できるストーリーにしましょうというもので、基本的にはどのMVもそうなると思うのですが、歌詞の世界観に映像を乗せている形です。

●「思い切って捨てる」ことの大切さ

――MV制作に際し、メンバーの意向もあったと思うのですが、キャスティングやストーリーに関して橋元さん自身にはどんな考えがあったのですか?

 山口保幸監督や岡田さんと話し、脚本を頂いて、5分16秒の尺に、岡田さんの書いた恋愛ストーリーをはめ込んでもらう作業をしました。

 例えば100シーンを撮って、その100シーンを入れこんでいく。岡田さんの脚本全てをその尺に詰めようとすると、曲をBGMとして可視化されたストーリーを見ていく感じになってしまいます。画に見入ってしまい、本来あった曲の思いが伝わってこない。

 実際、メンバーが見た時に、「映像作品としてはすごく良いけど、自分たちの歌が全然入ってこない」と言われて、そうか、そうだよなと思いました。

 特にサビではないAメロやBメロ部分。サビに入る導線として、MV側からするとたくさんのストーリーを入れたくなってしまうのですが、ここの歌割りを担っているメンバーのパートがある。そこにシーンを詰め込むことによって、そのパートの歌詞が死んでしまう。そのバランスを考えて結局、撮ったシーンから実際に使ったのは半分ぐらいだったと記憶しています。

――やはり多くの人に訴えかけるために重要なのは、「思い切って捨てる」ことなんですね。コンセプトの輪郭をはっきりさせる意味で。

 そうですね。そういうことを毎回やっていました。脚本家の立場になれば、なるべく入れたほうが良いだろうし、監督としてもストーリーがつながらなくってしまうとなります。でも、実は話しなんかつながらなくてもいい。結局は歌の世界観が全てなので、ドラマのストーリーは途中の部分がなくたって見る人には関係がないんです。画にないところは、皆さんの心の中の引き出しで想像すれば良いわけで。それを気付かせてくれたのがケツメイシであり、この作品でしたね。

――今でこそMVでストーリーを見せていく考え方は当たり前ですが、当時は、そこまで一般的ではなかったのですね。

 ケツメイシがこうしたストーリーMVの走りだったと思っています。本人たちのクリエイティブ力も秀逸で、MVへの企画力やキャストの希望など、いつでも明確でした。

――「自分たちの歌がちゃんと入ってこない」というフィードバックも適切でしたね。「ケツメイシ」のメンバーは医療関係者でしたね。

 メンバー2人は薬学部出身で薬剤師でしたね。そういう意味でも丁寧でしっかりしていました。「ケツメイシ」というグループ名も決明子(けつめいし)という生薬の名前に由来しています。昔から下剤として利用されていることから、アーティストとして「全てを出し切る」という意味から付けたと聞いています。

●突然の異動

――メンバーのバックグラウンド、グループ名と興味深いですね。しかし、そのような仕事をしている2010年、コンサートなどをマネジメントする部署への異動になります。どう思いましたか?

 いや、びっくりしましたね。やりたくないというわけではなく、自分にとって未知の世界でした。音楽業界は何でもひとくくりにされがちなのですが、いわゆるマネジメントがやっていることと、レコード会社がやることは大きく違う仕事なのです。

 当時の私の認識は、マネジメントの仕事は、タレントを管理し、コンサートをやり、グッズを作り、ファンクラブを作って、その収益を得るビジネス。一方、レコード会社の仕事は、CDを作り、宣伝をし、いわゆる音を売る仕事でした。そのため、コンサートの世界は近くて遠い世界でした。

――近くて遠い。音楽業界でマネジメントとレコード会社の業務はあまりつながっていないのですね。

 いまでは、その辺りはシームレスになってきてはいますが、当時は役割分担されていることが多かったですね。アーティストのコンサートがあれば、私は当然足を運びますし、そのコンサートのチームとも連携はしています。ですが、一緒に何かを作っていくことはほとんどありませんでした。例えば、どういう衣装が良いか、誰に作ってもらえばいいかという仕事は担当する一方、コンサート全体がどう作られているかは、あまり興味もありませんでしたし、そもそも知る必要もありませんでした。

 コンサートには、コンサートを制作する会社があって、その人たちがツアーのスケジュールを組んだり、コンサートの中身を作ったりしているので、やっていることは近しくても異なる世界の人たちだったんです。その世界に行ってこいと言うのが、この異動でした。本当に何も分かっていないというか、内科医が外科に行って手術することくらいに違う。そういう感じがしていました。

――同じ病院で働くけど、診療科が違うという感じですか?

 そうですね。病院の中で内科のプロでも、急に外科に行けと言われて、何も分からない人に変わってしまう感じでした。今までの経験値ではないところから始めなければいけない。40歳を過ぎて、リセット状態で一からスタートを切ることには不安しかありませんでした。

●ビジュアルプロデュースからアイドルの世界へ

 以上が橋元さんへのインタビュー内容だ。絢香さん、ケツメイシ、山崎まさよしさんなどのアーティストを担当し、ビジュアルプロデューサーとして、数多くのヒット曲にも関わってきた橋元さん。次回は、順風満帆と思われた17年に及ぶビジュアルプロデューサーの仕事から、全く予期しない、畑違いの部門への異動、40歳を超えてゼロから挑戦した経験についてお届けする。

(柳澤 昭浩、がん情報サイト「オンコロ」コンテンツ・マネージャー)