コロナ禍で需要が激減しているとはいえ、旅をする者にとってやはりホテルは身近な存在だ。ネットなどで目にするホテルの料金は、基本的に需給に応じ変動している。インバウンドが活況を呈していたころならば、シンプルなビジネスホテルでも1万円以上という表示も珍しくなかった。

 需給に応じて収益の最大化を図るのはビジネスとして当然であり、乱高下する料金とはいえ“まぁそんなもんだろう”と受忍してきた人も多いのではないか。

 そんなホテルの料金変動が、コロナ禍で低水準に推移していることは周知の事実だ(一部例外を除いて)。供給過多になれば、他のホテルよりも料金を下げて予約の流入を図ろうとするのは当たり前とも思えるが、中には極端な例も散見される。

 需要が逼迫していた頃は1万円ほどしていた都市部のあるビジネスホテルが、2500円のプランを出していたのを見たときは“隔世の感”すら覚えてしまった。

 そんな低価格の設定を多く見かけるようになって、ふと考えてしまうのが“ホテルの原価”だ。原価といっても不動産価格といった億単位の話でなく“ホテルが1泊1室提供するためにかかる費用はいくらか”という意味での話だ。本稿ではこれらを「ホテルの原価」とする。背に腹は代えられないとはいえ、こんな安い料金でホテルはやっていけるのか? というのも単純な疑問だ。

 原価と聞いてまず思い浮かぶものはアメニティー類だろうか。ビジネスホテルであれば歯ブラシにカミソリだけといったシンプルなケースは多いが、高級ホテルともなれば多種多様。ミニボトルに詰められた高級ブランドのシャンプーやコンディショナーといったものから、化粧品類までそろうことも。

 アメニティーばかりではない。交換するシーツやピローケース、タオルのコストはもとより、清掃スタッフの人件費も気になるところだ。

●原価が気になりだした出来事

 一方で、ホテルはイメージが重要なビジネスであり、非日常感の演出は大切。ゆえに対ゲストという視座において“原価”というワードは相いれず、「それは裏方の話」ということになる。筆者自身もホテル評論家としてホテルと非日常時間の親和性に一貫して着目してきただけに、これまで“原価”に注目することはなかった。そうした中で、コロナ禍になって間もない頃、ホテルの原価が気になりだした出来事があった。

 全国チェーンとして知られる宿泊特化タイプ中心の某ホテルブランドが、“1泊3000円”という激安プランを大々的に打ち出した。そのブランドでは、従前から閑散期にはそれに近い価格設定も見られたものの、繁忙日には極端な高レートになることでも知られていただけに、“あのホテルが3000円!?”と大きな話題になった。

 当然、コロナ禍で激減する宿泊需要への対策だろうし、同プランの予約方法は公式サイト経由による会員予約ということで、会員数を増やすという意味合いもあるのだろうとも考えた。さらに気になったのは、客室の原価も考慮しているのでは? ということだ。

 3000円は宿泊特化型ホテル1室の原価をあらわす数字かと思料したことが、低価格で推移するホテル料金において原価を気にするようなった発端であった。

 ところで、こうした原価は「変動費」といわれる。繁閑に応じて変動する費用という意味だが、ホテル利用者にとって、身近にしてイメージしにくい部分がまたホテルの変動費かと思う。

 連泊時にアメニティーやリネン類の交換を不要とした場合、時に“ミネラルウォーターをプレゼントする”といったアナウンスを見かける。“環境問題への取り組み”というアピールの裏には“コストを減らそう”という思惑もあり、ホテルにとって変動費の圧縮は相当重要なテーマだろうことがうかがえる。

 しかし削減しすぎると顧客満足度に影響するだろうしそのバランスは難しい。利用者目線のホテル評論家としては、“痒いところに手が届く”といった類いのアメニティーや仕掛けを重視するが、ホテル側に立てば“何をどう削るか”という選択はかなり悩ましいということになる。

 いずれにせよ「これだけのコストがかかっている」ということをゲスト側も知ることは、また違った視点でホテルを見られるようになるかもしれない。

●ホテルの原価はいくら?

 さて、前置きが長くなってしまったが、果たしてホテルの原価はいくらなのだろうか。イメージや非日常感が重要な業界にとって、専門誌ならまだしも一般メディアには答えにくいかと思いつつ、いくつかのホテル運営会社へ問い合わせてみた。

 10の運営会社に質問したところ、6社からは回答NGという答えがあった。単にイメージという部分から、裏側の数字は出したくないとの当然の思いや、委託している清掃業者との契約上の守秘義務などという理由も見られた。

 一方、4社は「匿名で」との条件で情報を開示してくれた。今回は、大きく「リネン・アメニティー類」「人件費」と分けてまとめてみた。分母が大きくないこともあり、おおよその算出としたが、一つのメルクマール的な参考数値として捉えていだたければと思う。

【リネン・アメニティー費用】

 ホテルのリネンといえば、タオル、バスマット、枕カバー、シーツ、掛け布団カバーなどザッと思い浮かぶが、回答では専門の業者が都度供給する「リネンサプライ」費ということだった。以下の表記は1人分となる(シングルルームなら1室分となりツインルームなら単純に数字を2倍したものが1室分)。

 高級ホテルの場合、リネン類1人分で950円だった。バスローブなどかなり高いようだ。高級ホテルとビジネスホテルでは圧倒的にアメニティー費用で差が出る。お茶やコーヒーなどもクオリティーを重視するが、高級ホテルではアメニティー費用だけでも1人分250円程度であった。

 一方、ビジネスホテルのシングルルームは、リネン類が700円、アメニティー費用が80円程度であった。

【人件費】

 さて、最も重要といえるのが清掃スタッフの人件費だろう。回答結果としては、ビジネスホテルの1室換算で400〜600円(下記のまとめでは500円とした)であった。中には「派遣会社へは1時間2000円程度払うので1時間で4室程度の処理」という詳しい回答もあった。

 例外的であるが、「1室280円」という驚がくの数字もあった。労働問題については本稿では触れないが、ビジネスホテルならではのコストカットともいえるだろうか。

 高級ホテルになると1室1500円〜との回答だった。ビジネスホテルに比べて客室面積も数倍となれば比例するのは当然か。

 今回の回答をまとめてみると

・高級ホテル:リネン・アメニティー1180円+人件費1500円=2680円

・ビジネスホテル:リネン・アメニティー780円+人件費500円=1280円

 という結果であった。これらの数字は今回の限られたリサーチにおける一例で、もちろんホテルによりかなりの差がある部分でもある。筆者が以前とある高級ホテルで聞いた話では、計4000円以上というところもあった。いずれにしてもホテルの業態やスタンスにより差が出る部分といえる。

●客室清掃費で大きな違いが

 他方、特徴的だった運営会社が1社。同社から開示された数字は以下の通りである(小数点以下は切り捨て)。

●宿泊特化(ビジネスホテル)タイプの場合

【シングルルーム1室】アメニティー費91円/リネン費191円/客室清掃費853円 計1136円

【ツインルーム1室】アメニティー費91円/リネン費374円/客室清掃費853円 計1318円

※シングルでもダブルユースでは2人分のアメニティーを用意するためアメニティー費が同額となる。

●リゾートタイプの場合

アメニティー費310円/リネン費332円/客室清掃費1580円 計2222円

 この会社と、前にまとめとして例示したホテルとの大きな差が「清掃スタッフの人件費」である。他のホテルが400〜600円というところ、この会社では900円前後と1.5倍ほどになっている。他社との違いを確認すると、同社では清掃スタッフを全て自社雇用していることが分かった。一例として掲げておく。

 こうしてみると、シンプルなビジネスホテルでもリネン・アメニティーに人件費を加えると最低1室1000円台前半は要していることが分かった。しかし原価はリネン・アメニティーや人件費だけで済む話ではない。

 客室単位でいえば、光熱費や予約サイトへ支払う手数料もあるだろう。別にオーナーがいれば賃借料もあるし、国や自治体に納める公的負担も発生する。コロナ禍の値下げ合戦で2000円台というビジネスホテルの例を先述したが、原価を知るにつけシビアなホテル運営の現場を見るような気分にもなる。

●清掃スタッフ派遣会社の苦悩

 人件費についてもう少し見てみたい。ホテル客室清掃の現場について、ホテル清掃も請け負う九州ビルサービス(福岡県久留米市)の古村勝社長によると「派遣会社もスタッフの固定費(人件費)があるので、ホテルとの契約では通常、総客室に対して一定の割合で保証ライン(客室稼働は日々変動するので)が設定され、ラインを超えた場合は一室あたりいくらという計算になります」と教示してくれた。

 他の派遣(受託)会社の担当者に確認してみると、具体的な保証ラインについて「客室保証は以前70%程度が多かったが、コロナ禍で下がっている」と話す。

 この派遣会社が請け負うとあるホテル(150室)の例では、契約当初の約6年前には最低保証稼働率が75%であったが、低稼働の現在では25%になっているという。人手不足に加え、人件費高騰で契約額も上昇傾向にあり、前記した保証ラインを超えたオーバーメイク分にだけに着目してみても、開示いただいた資料では2016年契約例で520円/室だったものが、17年では750円/室、21年では840円/室と、かなりの上昇傾向がうかがえた。

 このように派遣会社とホテル間ではシビアな金額交渉になるわけだが、別の派遣会社の代表は「契約更改ができない場合はこちらから解約を申し出るケースも多々ある」と話す。ホテルへスタッフを派遣する業界全体の傾向として、安値受注してもメリットは薄いので徐々に採算重視へと移行しているという。しかし「客室清掃は短時間で体力を使う仕事なので、報酬が悪いとスタッフが定着しない傾向が強くなっている」と悩みを吐露する。

 今回のリサーチは、飲食店が仕入れ原価を客に公表するようなもの。一般メディアへ向けてホテルの裏側的な答えにくい内容を開示していただいたホテル各社へはこの場を借りて感謝申し上げる。

 ホテル料金が下がりに下がっているこのご時世、「これだけかかってるのか」「これしかかかっていないのか」感じ方は人それぞれであろうが、ホテルのリアルな運営努力が垣間見える取材であった。

瀧澤信秋(たきざわ のぶあき/ホテル評論家 旅行作家)