ANAグループの全日空商事(東京都港区)が9月21日、ヤフーが運営するネットオークションサービス「ヤフオク!」内に「SorANAka(ソラナカ)ヤフオク!店」を出店。ANA機で使用していた部品やエアライングッズをオークション形式で販売する。両社にとって初めての取り組みだというが、なぜヤフオクで航空機部品を販売することになったのだろうか。

 同日から第1弾として、ANAオリジナルの「国際線ファーストクラスモックアップシート」と「ボーイング 777-300ER ウインドウフレーム」を出品。オークション入札可能期間は26日までで、入札開始価格は「ボーイング 777-300ER」にちなみモックアップシート7730円、ウインドウフレーム773円とした。

 モックアップシートとは、機能性や快適性の技術検証や新シートのお披露目イベントなどで使用する模型のこと。実機から取りおろしたシートではないものの、機能面はほぼ同じ仕様となっている。重さは約400キロで、テーブルや収納スペースなどは実際に稼働する。

 また「ボーイング 777-300ER ウインドウフレーム」は、同機の新造機のファーストクラス、ビジネスクラスに設置しているもの。通常のウインドウフレームは手動で日よけを開閉するが、同モデルは窓の下にあるボタンを使って自動で開閉できるタイプだ。

 通常、窓枠の多くは修理や整備をして繰り返し使用するためストックとして保管される。しかし今回出品するものは、実機から取り下ろしたのち工場から「修理不可」として戻ってきたものだという。全日空商事の担当者は、修理不可となるものはほとんどないと話す。航空機ファンにとっては購入できる“貴重な機会”になるのかもしれない。

 今回の取り組みは2021年5月に全日空商事側からヤフーへ提案したという。なぜオークション形式での出品なのか、全日空商事の担当者は「これまで定額で販売したこともあるが、値付けが難しく、お客さまに価値を決めてもらおうと判断した」と説明する。

 同社ではこれまで、実機で使用していたアウターペーン(アクリルの窓)をキーホルダーに加工したものや操縦かん、コックピットパネルなどのリプロデュース品を「ANAコレクターズグッズ」シリーズとして公式ECサイトで販売してきた。

 しかし航空機ファンなどからは「商品として加工されていない航空機部品がほしい」といった要望があり、 実際に使用していた一点ものの部品やエアライングッズをオークション形式で販売することにしたという。ヤフオクへの開店以降は、公式ECサイトで展開する商品とラインアップをすみ分けて展開していくとしている。

 また、コロナ禍で飛行機に乗る機会が減少する中、「顧客満足度の向上も図っていきたい」と話す。「航空業界全体がコロナ禍でお客さまとのタッチポイントが少なくなる中、『オークションに参加してみようかな』『ANAグループ面白いことやっているな』といったわくわく感を感じ取っていただければ」

 ヤフオクのメインユーザーは、20〜40代の男性。ヤフー側は同グループの出店によって新たな層の利用を見込む。「過去にも航空業界の商品は取り引きされているため、既存ユーザーも関心を持っていると思う。ただ今回は航空会社からの出品とのことで、新たなユーザーがヤフオクに参加するきっかけになると思う。多くの人にオークションの楽しさを知ってもらえたら」(ヤフー担当者)

 これまで、ヤフオクでは個人間での機材部品の売買はあったというが、航空会社が公式ショップを構えて出品するのは初めて。今後も航空会社や鉄道会社からの提案があれば「一緒に取り組みたい」と前向きな姿勢を示した。

 一体どれくらいの価格で落札されるのか、両社とも「未知数」だと説明する。ちなみに送料は別。直接の引き渡しにも対応するとしている。

 第2弾のは10月頃を予定していて「国際線ビジネスクラスのモックアップシート(スタッカード)」や「JA8094 機体識別板(ボーイング 747-400)」などを出品する。以降は月に1回のペースで2〜3品を展開するとしている。