フリーランス情報メディア「フリーランスガイド」(運営:つなぐマーケティング)は、フリーランスとして独立して3カ月以上経過している人を対象に「フリーランスになったきっかけ」や「一番苦労したこと」についてのアンケート調査を実施した。

 回答者の職業で最も多かったのは「ライター」(35.3%)で、以下「デザイン関係(Web、グラフィック、イラストレーター)」(13.8%)、「エンジニア(IT、ゲーム)」(6.5)が続いた。

 「フリーランスになった理由・きっかけ」を聞いたところ、「仕事の時間や場所を自由にするため」(144人)と「自分のやり方・好きな仕事ができるから」(105人)の2つが特に多く、3〜5位には「チャレンジしてみたかったから」(67人)、「年齢に関係なく働くことができるから」(66人)、「自分の能力や資格を生かすことができるから」(62人)が続いた(複数選択方式)。

 仕事を獲得するため行っている方法で最も多かったのは、「クラウドソーシングサービス」(166人)で、以下「知人の紹介」(82人)、「SNSを活用」(47人)、「自分のホームページやブログで集客」(35人)が続いた(複数選択方式)。

 「フリーランスになって一番苦労したこと」という質問では、職業に関係なく以下の回答が多かった。

1. 自分で仕事を獲得しなければならない

2. 社会的信用が低い

3. 報酬を安くされてしまう

4. 保証が何もない

5. 税金などの事務処理が大変

6. お客さんとのトラブル

7. 周りに頼れる人がいない

 職業別でみると、ライターの人からは「しばらくは稼げない」「オンラインツールの使い方など学習したり覚えたりすることが多い」「仕事を受注しなければ収入がないので、体調が悪い時などに焦る」「同僚がいないので悩みなどを聞いてもらえない」「実績を作るまでに苦労があった」「仕事を得るための営業活動が大変」などの声が寄せられた。

 デザイン関係の仕事をしている人からは「契約内容との相違でおこるトラブル対処が難しい」「クライアントとのやりとりがメッセージのみなので、求められるイメージを把握しにくく、手直しが必要になることも」「単価の設定が分からない」「保険、年金、税金の手続きを自分で調べてやらなければならない」「新しい案件の獲得が難しい」といった体験が寄せられた。

 エンジニアの人からは「契約先に提出する書類の期日を厳守」「知らない方とでも多くのコミュニケーションが必要なため、いろいろな会話の引き出しが必要」「安定して稼げない時期があり生活費を確保するのが大変」「契約書作成のため法律の知識が乏しく苦労した」などのコメントが寄せられた。

 その他の職業の人からは「個人事務所だと信用を得にくい」「フリーランスの人が増えたので集客が難しくなっている」などの声も寄せられている。

 今回の調査はフリーランスとして独立して3カ月以上経過している232人を対象に、9月11〜15日にインターネットによるアンケート調査で実施した。