求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は「給料日のプチぜいたくに関する意識調査」を実施した。6位は「スターバックスに行く」(29人)で、1位は「スイーツを買う」(159人)だった。

 2位は「食事・食材のグレードを上げる」(108人)、3位は「お酒のグレードを上げる」(56人)だった。4位以下は「外食をする」(52人)、「ほしかったものを買う」(37人)、「スターバックスに行く」「夕食をデリバリーやテークアウトにする」(29人)と続いた。

 食関連のぜいたくが上位を独占する結果となり、モノを購入したり、アクティビティをしたりといった回答は少なかった。1位のスイーツ購入に関しては、「普段はスーパーの値引きケーキしか買わないが、給料日はコンビニの新作スイーツを買う」や「ハーゲンダッツを買う」などの回答が見られた。

 その他、成城石井やデパ地下など少し価格帯が高い店で食材を購入したり、普段は発泡酒を飲んでいるが、給料日は本物のビールや高価格帯のビールを飲むという声が寄せられた。

●男女別のランキング

 男女別でも調査を実施。女性1位は「スイーツを買う」(128人)、次いで「食事・食材のグレードを上げる」(56人)、「ほしかったものを買う」(27人)と続いた。4位には全体で6位にランクインした「スターバックスに行く」が入っており、スイーツや価格帯が高めのドリンクが女性にとってのご褒美になることが分かった。

 男性1位は「食事・食材のグレードを上げる」(52人)。次いで「お酒のグレードを上げる」(35人)、「外食をする」(33人)と続いた。男性のほうが女性よりも「食事・食材のグレードをあげる」「お酒のグレードをあげる」をプチぜいたくに選んだ割合が10ポイント以上高く、食やお酒に対してお金を使うことが分かった。

 調査は、9月5日にインターネットで実施。働く男女500人(男性184人、女性316人)を対象とした。