日本の中古市場が拡大しています。SDGsの流れにも乗り、世界中で「もったいない」の意識が醸成され、循環型の社会へとシフトしつつあります。特にミレニアル世代とZ世代を中心に、「新品を購入して所有する」ではなく「中古品を再利用する」という価値観が広がっています。

 この流れの中で、新しい中古ビジネスも登場。細分化の傾向も強まっており、参入企業にとっても消費者にとっても大変魅力的な市場となっています。

 中古市場のこれからの可能性について、小売り・サービス業のコンサルティングを30年間続けてきたムガマエ株式会社代表の岩崎剛幸が分析していきます。

●日本のリユース市場は拡大している

 中古市場の中で最も代表的なリユース市場はどのような変化を遂げているのでしょうか。

 2020年の市場規模は2兆4169億円。前年比102.5%と成長しています。そして、驚くことに09年以降、11年連続で拡大。10年間の年平均成長率は7.8%です。日本ではさまざまな市場が縮小傾向にある中で、リユース市場は希少な成長市場といえます。

 中古市場を表現する代表的な言葉に「3R」があります。Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル)の総称で、リデュース・リユース・リサイクル推進協議会では次のように定義しています。

(1): Reduce(リデュース) ごみなどムダの減量

 製品をつくる時に使う資源の量を少なくしたり、発生する廃棄物を少なくしたりすること。耐久性の高い製品の提供や製品寿命延長のためのメンテナンス体制の工夫なども含む。

(2): Reuse(リユース) 再使用、再利用

 使用済製品やその部品などを繰り返し使用すること。一般的な中古市場の概念はリユース。そのための製品提供、修理・診断技術の開発、リマニュファクチャリングなども含む。

(3): Recycle(リサイクル) 再循環

 廃棄物などを原材料やエネルギー源として有効利用すること。それに関連する製品設計、使用済製品の回収、リサイクル技術・装置の開発なども含む。

 今回の記事で取り上げるのはリユース市場です。使用済みの商品を買い取る、再販する、売却するを繰り返し、製品を捨てずに寿命を延ばすことで成り立つ市場です。

 今、このリユース市場が細分化し、新たな売り方や新たな店舗が続々と生まれています。

●物余りニッポンの救世主

 日本には昔から「質屋」という業態があります。700年以上も前の鎌倉時代から存在してたようです。江戸時代には、世界でもトップクラスの循環型社会が作られ、さまざまなものがリユース、リサイクルされていました。

 かつては、中古品のことを「お古」と呼んだ時代もありました。また、中古市場のプレーヤーの多くはパパママ・ストアが多く、家業の域を出ない商売が続きました。

 しかし、バブルが崩壊し、従来の小売業が弱体化すると共に世の中の物余りが本格化。余った商品を買い取り、販売するリサイクル企業が急増したのです。これは日本の消費者の価値観変化、そして小売業の業態変遷の中で必然的に生まれた流れです。

 日本で中古市場が本格的に成長を始めたのは2000年前後です。全国に総合リサイクルショップが続々とオープンし、店舗が拡大していきました。筆者がリサイクルショップ開発などに何度か携わったのはこの頃です。その後、11年の東日本大震災によって大きなスペンドシフトが起こりました。また、15年の国連サミットで「持続可能な開発のための2030アジェンダ」として、30年までに達成を目指す17の目標が決まりました(SDGs)。これがリユースを世界的に後押しする大きなきっかけとなり、リユース市場が世界的に注目されるようになったのです。

 リユース市場に代表される“Reビジネス”はここから本格的に成長し、30年頃には従来の小売業を凌ぐほどの立場になっていくかもしれません。それほど現代の日本には物があふれています。タンス在庫となってしまった過去の遺物に光を当てて、価値ある物として再生し、世の中に循環させるという究極の仕組み。物余りニッポンの救世主がリユース市場なのです。

 では、中古市場において注目のカテゴリーはどこなのか。カテゴリー別の推移を見てみます。

 20年と18年で比較すると、伸び率が高く、構成比も高いリユースのカテゴリーは「衣類・服飾系」「ブランド品」「家具・家電」がトップ3です。20年前からこの傾向は変わっていません。洋服やブランドバッグが世の中には余っていて、これらが中心になって中古市場を作り上げてきました。最近では、ガンプラ人気から玩具・模型が伸びています。また、コロナ禍でのアウトドア・キャンプブームも相まってスポーツ・レジャー用品の伸びも目立ちます。

 リユース市場は年々拡大しているだけでなく、その商品カテゴリーも広がっているのです。

●リユース市場の再拡大が始まった

 市場というのはある程度大きくなり、成熟期を迎え安定期に入り始めると、カテゴリー内の商品の細分化が始まります。洋服の中でもストリートブランドの古着だけを扱う店や、シャネルなど高級ブランドのヴィンテージバッグだけを扱う店といった具合に内容が細かくなっていきます。専門特化が始まると、市場はそこからさらに拡大していきます。

 最近になって筆者が「リユース市場が再拡大し始めた」と実感した例があります。

 それは「キャンプギア用品のビンテージ品」の登場です。

 総合リユースショップのセカンドストリートを運営するゲオホールディングスは、2021年3月期の決算で全体の売り上げを伸ばしました。特にリユース系が好調で、メディア以外のリユース系が116%と二桁の伸びを見せました。キャンプ用品を含むスポーツ・フィットネス関連商品の売上高が20年比で116%、買取金額も111%と増加しています。

 フリマアプリ大手のメルカリでも20年度のキャンプ関連用品購入量が増加しており、ストーブ・コンロが20年比で2倍、調理器具が2.1倍に増えており、キャンプ用品の中古ギア商品の流通が確実に増えているようです(参考:日本経済新聞2021年8月18日付「中古キャンプ用品、“ゆる”くない高騰 定価の3倍も」)。

 最近は特定のキャンプ用品やブランドの型番指定や品番指定での問い合わせがリユースショップで増えています。SNSの拡散によって、昔のアウトドア用品、キャンプギアを使っている写真を見て「かっこいい」と注目が集まり、中古キャンプギアが盛り上がっているのです。

 中でも米国のアウトドアブランドである「コールマン」のランタンは特に人気が高いアイテムです。

 有名なのは、「Model 200A」です。1951〜84年頃まで、マイナーチェンジを繰り返しながら発売されてきました。同じようなランタンに見えますが、よく見てみると、少しずつ趣が異なっているのが分かります。コールマンのビンテージファンは、製造年代によるこうした微妙な違いを楽しみ、愛称をつけて親しんでいます。

人気の理由は以下の通りです。

(1)定期的に発売されロングセラーになっている定番商品であること

(2)ランタンというキャンプに必要不可欠な商品であること

(3)生産年代によって微妙な違いがあること

(4)商品のもともとのデザイン価値が高いこと

 製造年代によって赤の色目が多少異なっていたり、つまみの形状や長さが変わっていたりといったように、目を凝らしてみないと違いがよく分かりません。しかし、その微妙な違いがキャンパーの心をくすぐり、憧れの商品となって価格が高騰しています。

 自分の生まれ年のコールマン200Aランタンは「バースデーランタン」と呼ばれ、特に人気が高くなる傾向があります。

 コールマン・ジャパン(東京都港区)が日本国内で独自に企画し、米国工場で製造している「シーズンズランタン」という限定商品が特に人気です。「2007ウィンター」は07年発売当時、2万6250円だったものが、最近のネットオークションにおける平均落札価格では8万9000円。なんと3倍以上の高値となっています(9月6日時点)。昨年は最高値でも5万3000円でしたから、この1年で約1.7倍に跳ね上がっています。

 キャンプギアの中古市場が急速に広がっているのは、コロナによるアウトドア・キャンプブームにより、キャンパーが増えていることが一番の理由です。キャンパーが増えるということは、キャンプ初心者が増えることを意味します。初心者が増えてくると、本物のキャンパーの持っているギアやキャンプの仕方など、細かいところに注目が集まってきます。結果的にこのランタンのような「本物」に注目が集まり、キャンプ用品の中古ギア市場が確立されていくのです。

●リユースで伸びるゲオホールディングス

 ゲオホールディングスの22年3月期第1四半期連結業績を見ると、リユース市場拡大の背景がさらによく分かります。

 コロナショックの影響で21年4〜6月の第1四半期はゲオ全体では売り上げを落としています。しかし、リユース系部門の売り上げは前年比146.2%と大きく伸びています。売上総利益も116億円と全カテゴリーでダントツの稼ぎ頭となっています。卸売り上げの増加により粗利率が減少したとはいえ、リユース系の粗利率は49.6%です。

 リユースビジネスの成長可能性は、この粗利率の高さにあります。

 ユニクロが死に物狂いで原価を低減させ、無駄のない物づくりを進めても粗利率は50.6%(21年8月期第3四半期連結業績)です。

 新品をゼロから作って日本のアパレル小売業でダントツの粗利率を実現しているユニクロと、世の中に余っている商品を買い取って再販しているセカンドストリートの粗利率がほぼ同じなのです。

 物づくりのリスクを負わずに、世の中にすでにある物を再利用して収益をあげることができるのならば、地球環境にも優しいし、何より無駄がありません。物を長く使ってもらえば商品の寿命が延びますし、サステナブル経営につながっていきます。だからこそ、これからの時代の方がリユースビジネスの可能性が高いと私は考えているのです。

 今後、新品を中心に販売する小売業から、リユースを中心とした中古品市場が小売りの主流になるといっても過言ではない理由がここにあります。食品業界もフードロス削減に向けて本格的に動き出し、廃棄前の食品のアウトレット販売やフードロス削減のためのアプリなども続々とローンチされています。日本のリユース市場はこれからが本当の成長期といえるのです。

(岩崎 剛幸)