リクルートが発行するクーポンマガジン『HOT PEPPER』は、全国の20〜30代男女を対象に「鍋に関するアンケート」を実施した。「一人鍋で食べたい鍋」を聞いたところ、1位は「キムチ鍋」(130人)だった。

 「キムチ鍋」を選んだ理由として、「思い切り辛くしたい」「気をつかわず食べられる」などの声が聞かれた。次いで2位は「すき焼き」(111人)、3位は「しゃぶしゃぶ」(78人)、4位は「カマンベールミルフィーユ鍋」(64人)、5位は「もつ鍋」(59人)だった。

 次に、今年の冬に一人鍋をしたいと思うか尋ねた。「これまで一人鍋をしたこともあるし、この冬もしたいと思う」と答えた人が31.9%、「これまで一人鍋をしたことはないが、この冬はしたいと思う」が20.4%と、半数以上が一人鍋をしたいと考えていることが分かった。

●一人で食べる時にやってみたいと思う「鍋作法」

 人と一緒に食べる鍋だと躊躇(ちゅうちょ)するが、一人で食べる時にやってみたいと思う「鍋作法」はあるか聞いたところ、1位は「自分の好きな具材だけを入れた鍋にする」(206人)、次いで2位は「直箸を使う」(89人)、3位は「具材を入れる順番はこだわらない」(83人)だった。

●今回10回目となる「みんなの食べたい鍋ランキング」は?

 今回10回目となる「みんなの食べたい鍋ランキング」は、「すき焼き」が10年連続の1位を獲得、2位は「キムチ鍋」、3位は「しゃぶしゃぶ」だった。「すき焼き」が食べたい理由を聞くと、「特別感がある」「高級感がありおいしい」「家族がみんな好き」という声が聞かれた。

 前回3位の「もつ鍋」が4位に、前回5位の「寄せ鍋」が7位にランクダウン。一方で、前回10位の「カニしゃぶ」は8位に、13位だった「湯豆腐」は10位にランクアップした。「カニしゃぶ」を選んだ人は「おいしいし、たまの贅沢(ぜいたく)の時に食べる」とコメントした。「湯豆腐」を選んだ人からは「コスパがいい」「タレの種類によっていかようにも楽しめる」といった声が寄せられた。

 ホットペッパーグルメ外食総研の有木真理上席研究員は、「2020年に引き続き、今年も一人鍋に人気が集まりそうだ。感染対策以外に、他の人への配慮がいらないという点もニーズを捉えている。一人鍋で食べたい鍋ランキングでは、気をつかわず、辛さも自分好みに調整できるキムチ鍋が1位となった。一人だからできる鍋作法では、『自分の好きな具材や〆を入れる』『直箸で食べる』『具材を好きな順番で入れる』などが上位に入った。一人鍋の解放感とともに、大人数での鍋ではいかに他人に気をつかっていたかが垣間見える結果となった」とコメントした。

 今回の調査は、全国の20〜30代男女を対象にインターネット上で実施した。期間は21年8月23〜24日、有効回答数は1044人(男性522人、女性522人)。