宿泊施設を運営する萬世閣(北海道洞爺湖町)は、運営する「定山渓万世閣ホテルミリオーネ」(札幌市)に、サウナ付客室と貸切専用サウナを新設し、10月25日に提供を開始すると発表した。ホテル最上階の地上45メートルにサウナ付き客室を設け、景観の良さや高級感を訴求しサウナ需要を取り込む狙い。

 同施設が位置する定山渓は、札幌中心部から約30キロと良好なアクセスにありながら、豊かな渓谷と深い森に囲まれた温泉地。今回新設するサウナ付客室と貸切専用サウナは、同ホテルの最上階、地上45メートルに位置している。絶景を眺めながら汗を流せるようにサウナ室の壁は一面大きなガラス窓を採用。水風呂・外気浴イスはテラスに配置した。

 サウナは、サウナー専門ブランド「TTNE」が監修。貸切専用サウナ「saunoa room(サウノアルーム)」には、体にフィットした曲線のオリジナルサウナベンチを設置。また「シトラス」「白樺」「ベリー」のサウナフレグランスを用意し、セルフロウリュや温度や湿度を自由に調節できるようにした。

 また、11〜13階の渓谷側には、80平方メートルの温泉展望風呂付客室を14室新設した。展望風呂には大きな窓を設置し、同ホテルの宿泊部屋としては初めて定山渓温泉を引き、いつでも温泉を楽しめるようにした。

 さらに、サウナ付客室・温泉展望風呂付客室の宿泊者のみが入場可能となる食事処として、「Kuksa(ククサ)」をオープンする。道内でも珍しい食材を使用した季節会席膳を提供する。

 貸切サウナ「saunoa room」の利用に関する詳細は後日公式Webサイトで発表するとしている。