オンライン旅行代理店のエクスペディアは、航空業界の取引データなどを提供するAirlines Reporting Corporation(ARC)と「2022年の旅行予約に役立つガイド」を公開した。国内外で段階的に進む移動制限解除を背景に、旅行需要の喚起を狙う。

 ガイドによると、国内線の航空券は出発日の28日前に料金が上がり始めるため、最適な予約時期は出発日の29日前。最適な予約日は日曜日で、最も高い水曜日と比較すると約40%の節約につながるという。国内旅行に最適な出発日は金曜日で、最も安いシーズンは9月だった。次いで、2月、3月、5月が安い傾向にあり、最も高い月と比べると20〜25%程度節約できる可能性がある。

 一方、国際線の航空券は出発日の91日前に料金が上がり始めるため、最適な予約時期は出発日の92日前。最適な予約日は国内線と同じ日曜日で、最も高い金曜日と比較すると約35%の節約につながる。海外旅行に最適な出発日は土曜日で、最も出発に適しているのは1月だった。8月出発の航空券と比較すると、約15%が節約できる可能性があるとしている。

 国内の宿泊施設で平均客室単価が最も低くなるのは木曜日だった。最適なチェックイン日は火曜日で、土曜日宿泊と比べると最大25%の節約につながる。また、国内旅行の場合、5つ星から4つ星、または4つ星から3つ星にホテルランクを下げることで、平均約65%節約できる可能性がある。2019年と比較すると、国内旅行では3つ星ホテルの平均価格が約30%、星3.5のホテルの平均価格は約20%下がっていることも判明した。

 海外の宿泊施設の場合は火曜日の予約が最適で、日曜日と比較して約10%の節約につながる。最適なチェックイン日は月曜日で、木曜日宿泊と比べるとこちらも最大10%節約できる可能性がある。海外旅行の場合、5つ星ではなく4つ星の宿泊施設を選択するだけで、平均約45%節約でき、さらに4つ星から3つ星にクラスを下げると約35%節約できる。

 ガイドによると、20年と21年の航空券の平均価格は、19年と比べて上がっているという。一方、国内宿泊施設の平均価格を19年と比較すると、20年2月以降は下がる傾向にあった。

 2020年に実施された「Go Toトラベルキャンペーン」の期間は一時的に上昇したことから、同社は「今後も緊急事態宣言の解除に伴い再び上がることが見込まれる」としている。