デジタルマーケティングなどを手掛けるGEM Partners(東京都港区)は、「定額制動画配信サービス コンテンツ別週間ランキングTOP20」(10月9〜15日)を発表した。視聴者数1位はアニメ「鬼滅の刃」(155ポイント)、同2位はNetflixオリジナルの実写ドラマ「イカゲーム」(102ポイント)だった。前週調査ではそれぞれ2位と3位だったため、1ランクずつ順位を上げたことになる。

●「鬼滅の刃」、テレビ放送開始が後押しか

 「鬼滅の刃」は、20〜40代で高い視聴者数ポイントを獲得。同作品は30代、40代、50代、60代の年代別ランキングでそれぞれ1位を獲得した。サービス別では、Amazonプライム・ビデオ、dアニメストア、U-NEXT、dTV、J:COMオンデマンド、TELASA(視聴者数ポイント)で1位を獲得した。

 視聴者数の推移から、同社は「地上波の放送を契機に、定額制動画配信サービスでも視聴者数ポイントが増加している」と指摘。1位に輝いた背景には、10月10日にテレビ放送、翌11日に配信が開始となったテレビアニメ「鬼滅の刃」(無限列車編)による視聴者数ポイント獲得の後押しがあったとみられる。

●韓流ファンの女性だけでなく、男性にも人気の「イカゲーム」

 一方で「イカゲーム」は15〜19歳と20代でそれぞれ1位を獲得。特に20代からかなり高い支持を集めているという。9月17日の配信開始時は、韓流ドラマファンとみられる女性の鑑賞者が多めだったものの、徐々に男性視聴者数の割合が増加。現在、視聴者の男女比は約3:7と女性寄りの傾向は変わらないが、配信開始当初から鑑賞者構成比が大きく変化しており、同社は「裾野の広がりがうかがえる」としている。

 3位はアニメ「東京リベンジャーズ」(57ポイント)、4位はアニメ「キングダム」(50ポイント)、5位は映画「007」シリーズ(40ポイント)がそれぞれ続いた。また、10月3日から第2クールの放送・配信が始まり、15〜19歳を中心に人気が高まっているアニメ「無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜」が、前週31位から12位へ急上昇した。

 その他、Netflixオリジナルの実写ドラマ「海街チャチャチャ」は前週24位から18位にランクアップ。最終回(10月17日)の配信直前に視聴熱が高まったことがうかがえる。視聴者の内訳は、男女比約1:9とかなり女性寄りで、年代別では40〜60代で高い視聴者数ポイントを獲得した。また、アニメ「銀魂」シリーズが前週95位から20位に躍進している。

 同社はエンタメファンや事業者向けに、動画配信サービス利用者のコンテンツの視聴傾向を調査。国内在住の15〜69歳の男女約7000人が対象で、Amazonプライム・ビデオ、Netflixなどで視聴したタイトルを自由回答方式で聴取して集計し、ランキングにまとめた。