ローソンが全国3000店舗で焼きいもの店頭販売を、11月2日に始める。レジ付近で販売中のおでん、中華まん、フライドフーズ、「マチカフェ」などの「カウンターフーズ」の新定番として定着させたい狙いがある。2011年から九州エリアの一部店舗で焼きいもを展開していたが、今回の全国展開では商品仕様を変え、価格を210円に設定した。専用オーブンを導入し、じっくり石焼きしているのが特徴だ。

 なめらかな舌触りと甘みが特長の国産「紅はるか」を採用。甘みを引き立たせるため、収穫後45日間貯蔵庫に保管・熟成させたものを、専用オーブンでじっくり焼き上げる。これにより「しっとりとした食感と、甘みのある焼きいもに仕上がる」(ローソン)という。

 秋に旬を迎えるさつまいも。焼きいもはコンビニフーズの新定番になるのか。ローソンの担当者に、導入の狙いなどを聞いた。

――焼きいもの販売は今回が初めて?

 11年から、九州エリアの一部ローソン店舗で焼きいもの販売を開始していました。

――ターゲット層は?

 幅広い年代のお客さまに楽しんでいただきたいです。一部エリアで実施した試験販売では、夕方(午後4時〜午後6時)の販売がピークで、学生、家族連れやシニア層など、幅広い世代の方にご購入いただきました。ちなみに、リピート率は当社の定番商品「からあげクン」と同程度と高い実績でした。

――焼きいもをチョイスした理由は?

 さつまいもは、手軽に食物繊維やビタミンを摂取できることや、腹持ちがよいことなどで人気です。中でも、焼きいもは、専門店が出店するほどの人気を博しています。おでん・中華まんに次ぐカウンターフーズの新定番として「本格的な焼きいもを楽しんでいただきたい」との思いから開発しました。新たな需要を獲得するため、市場でニーズがあり、試験販売でも好調だった焼きいもにチャレンジいたします。

――なぜ専用オーブン?

 身近なローソンで、本格的な焼きいもを楽しんでいただくためです。専用オーブンでじっくり焼き上げることで、しっとりとした食感と甘みのある焼きいもに仕上げています。

――焼く際の工夫は?

 甘みを引き立たせるため収穫後45日間貯蔵庫に保管し、熟成させています。収穫後に一定期間保管することで、さつまいものでんぷんが糖化し、コクが生まれ甘みが強くなります。