野村不動産と野村不動産コマースは、東京都江東区亀戸において同社グループのフラッグシップ商業施設「KAMEIDO CLOCK(カメイドクロック)」を2022年4月末に開業すると発表した。地域課題の解決やコミュニティの誕生など、周辺地域の活性化を狙う。

 「KAMEIDO CLOCK」は16年3月31日に閉館した「サンストリート亀戸」の跡地に新たに誕生する。コンセプトは「LIVE UP! & LOVE LOCAL」。サンストリート亀戸が担っていた商業機能を継承・スケールアップし、衣食住を包括的にサポートできる、「ライフ」「ユニクロ」「TSUTAYA BOOKSTORE」など各ライフスタイルカテゴリの大型店舗を中心に、スポーツや家電、病院など専門店を含めた全135店舗が出店する予定だという。

●食・遊び場・コミュニティ、どんな特徴があるのか?

 食分野では、大型スーパーマーケットと生鮮三品・食物販の専門店全26店舗が集う「カメクロマルシェ」を展開する。そのほか、食事を楽しめる「カメクロ横丁」内には7店舗が出店する予定だ。

 子どもの遊び場も用意した。4〜5階にわたる立体的な屋外空間にキッズパークを設置。約540席あるフードコートを併設させることで、子連れが安心して利用できるようにした。そのほか、e-sportsが体験できるスタジオ「カメスポ」も導入し、子どもの遊び心を刺激する工夫を施している。

 同施設を中心としたコミュニティ形成にも力を入れる。屋内外にイベントスペースの設置したりや、企業や住民が主催者になれるイベントなども開催したりする。