ロイヤル顧客の反応可視化ツールを提供するスパコロ(東京都港区)は、一都三県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の15〜69歳を対象に「カレーハウスCoCo壱番屋(以下、ココイチ)の利用実態調査」を行った。その結果、ココイチの認知率は79.3%と、8割近くが認知していることが分かった。

 利用経験率は47.7%、現在利用率は11.0%、月1回以上の利用率は3.8%だった。認知者の6割がトライアルし、利用経験者の2割が今現在も継続利用、そのうち4割近くが月に1回以上利用していることが分かった。

 ココイチの店内飲食、テークアウト、デリバリーの利用率を調べた。店内飲食が11.0%、テークアウトが4.8%、デリバリーが2.7%だった。コロナ禍による外出制限が影響したのか、テークアウトの利用率は店内飲食の半数、デリバリーは2割強だった。

 ココイチの利用経験がある人のココイチアプリ利用率は23.5%だった。アプリの利用率とココイチの年間の利用回数を比較したところ、アプリ利用者の年間における利用回数平均は18.2回、アプリの非利用者では2.8回だった。アプリ利用者の方が利用回数が約6.5倍も多く、アプリ利用者のブランドロイヤルティーの高さがうかがえた。

●ココイチの他に候補に挙がる店舗の有無

 飲食店を選ぶ際、ココイチに代わって選んだり、ココイチとどちらを利用するか迷うお店はあるか聞いたところ、「ある」と答えた人は、ココイチの1年以内の利用顧客のうち47.0%だった。一方で、「ほとんどない」と答えた人の割合は53.0%だった。1年以内の利用顧客の半数は他のブランドと比較せずにココイチを選んでいることが分かった。

 「ある」と答えた人に「具体的に想起するお店・ブランド」を聞いたところ、1位は「ゴーゴーカレー」(18.5%)、2位は「松屋」と「マクドナルド」(共に8.2%)、4位は「サイゼリヤ」(5.5%)、5位は「吉野家」(5.4%)だった。

●ココイチをどんなときに利用する?

 どんなときにココイチを利用したいと思うか尋ねた。最も多かったのは、「そこにしかないメニューを食べたくなったとき」(51.7%)、次いで「手軽に・手早く食事を済ませたいとき」(21.9%)、「自宅や職場の近くで食事を済ませたいとき」(12.7%)だった。

 ココイチを利用する人の半数以上が、ここでしか食べることのできないメニューを求めて来店していることが分かった。店舗利用頻度別にみても、月1回以上の利用者は、全体に比べ「そこにしかないメニューを食べたくなったとき」「からい物が食べたくなったとき」「おいしいものを食べたくなったとき」のポイントが高く、これらが店舗利用動機となっているようだ。

 今回の調査は、1都3県に住む15〜69歳を対象に、インターネットで行った。期間は11月12〜14日、有効回答数は5273人。